Da-iCE大野雄大 プロフィールを深読みすると意外な事実が!?
アーティストのプロフィールには、いろいろな情報が載っている。そんな情報の中にも、じっくり見てみると意外とファンでも知らなかった魅力があるもの。改めて、プロフィールを一歩深く覗いていこう。 今回プロフィールを見ていくのは、ファンがデビュー曲を投票で決める「デビュー曲国民投票!」という前代未聞の企画を行い、1万人の投票の中から選ばれた「SHOUT IT OUT」で2014年1月にメジャーデビューを果たしたDa-iCEの大野雄大。 そんな彼の基本データは… 名前:大野雄大 生年月日:1989年4月1日 出身:愛知県 Da-iCE加入前は、「腹筋学園」としてハモネプに出演し、決勝リーグまで勝ち残るという経歴も持っている大野雄大だが、中学時代は、サッカーのクラブチームにも所属し、高校はサッカー推薦で入学するほどの運動神経も持ち合わせている男である。ちなみにDa-iCEというグループは「顔面偏差値75以上」というキャッチフレーズもあるので、「顔よし」「運動神経よし」「声よし」ということになってくる。 そんな大野雄大には、意外な特技があった! それは、なんと「洋服のリメイク」。 暇さえあれば、衣類のリメイクをしているらしく、ミシンの扱いはもちろん、手縫いも完璧にこなすことが出来るほど手先が器用なようだ。なので、衣装のサイズを自分で変えることもができてしまうそう。レザーをつけたり、袖の部分の生地を変えたり…と自分だけの服に生まれ変わらせてしまうのだそうだ。なんと、その腕前はリメイクアイテムとして商品となり得るほどのハイレベル。 ちなみに、クラブチームで技術を磨き、高校に推薦で入るほどまでになったサッカー。想像するに、相当の練習漬けの日々だったと思うが…。しかし、ミシンを使い始めたのも同じ時期の15〜16歳だったということ。プロフィール探訪していたら、まさかの、時間のやりくりまでも上手かったということが判明した。