NMB48 山本彩は紅白歌合戦で輝けるのか?
「第66回NHK紅白歌合戦」へNMB48が3度目の出場を決定した。 過去にNMB48は当選確実と言われながらも選出されず、その後に発売した1stアルバム『てっぺんとったんで!』では、ジャケットは NHKホールの前で撮影され、「第64回紅白歌合戦出場希望」「難波より神南へ愛をこめて」と書いた横断幕を持っているカットもあ り、徹底した紅白出場アピールをしていた過去があった。 それだけ、NMB48にとっても紅白歌合戦は特別なものとなる。 しかも、今回の出場に先立ち、NMB48の大黒柱である山本彩がNHK連続テレビ小説「あさが来た」主題歌となるAKB48『365日の紙飛行機』にてAKB48では初となるセンターを務めている。 紅白出場に関しては、山本彩も公式Twitterにて「これぞAKB48・NMB48と言えるようなステージを精一杯届けます!!」とつぶやいていることから、両グループでの出場も期待されるところだ。 今回、卒業予定の高橋みなみも出場する可能性が高い中でも、やはり山本彩への注目は高くなるだろう。 「AKB48は今年もヒットソングを連発したが、NHKということを考えれば『365日の紙飛行機』を選曲する可能性は非常に高い。そうなれば、AKB48の仕事では毎回「猫を被っている」と言われるほどに全く目立たず結果を残せていない山本彩も、一気に注目をあびるだろう。NMB48も出場することで相乗効果的にNMB48も注目を集める。それが解っているでしょうから、山本彩も紅白に掛ける意気込みは、いままで以上のものがあると思います。(アイドルライター/武田瑠羽)」 今年は乃木坂46の初出場もあるだけに、まさに山本彩にとっても正念場の舞台となりそうだ。 写真(C)NMB48