大反響!au三太郎シリーズの“浦ちゃん”歌う『海の声』チャート首位独占の快挙
桐谷健太扮する“浦島太郎”が歌う、au三太郎シリーズTVCMオリジナルソング『海の声』が12/2から一般配信がスタートし、音楽配信サイト全13サイトで総合1位(12/2付)獲得の快挙を達成した。 同タイトルは、この夏、“au三太郎シリーズTVCMオリジナルソング”としてオンエア。 CMでは浦ちゃんが乙姫に恋い焦がれ、会いたくても会えない切ない感情を表現した映像を展開。 大切な人を想う純粋な気持ちを、BEGINの島袋優が提供した楽曲の切なく響くメロディ、そして桐谷の情感溢れる歌声とあいまって“名曲すぎる”“なんといういい声…”“歌詞を見て泣きそうになった”など、絶賛の声が集まっていた話題の曲だ。   CMスタート時から楽曲への問い合わせも多数寄せられていた中、配信日当日12/2に放送があったフジテレビ「FNS歌謡祭」への出演も受けて、音楽ファンからの高い期待が大きく反映したチャートアクションとなった。 各検索ワードランキングでも“桐谷健太”が1位を独走。楽曲同様、その注目度の高さを証明した格好だ。 なお、音源で聴こえる“三線”は、桐谷健太自らの演奏によるもの。ドラムもプロ並みの腕前を持つ彼の音楽への深い造詣が、この絶妙な歌の表現力を生み出しているといえる。 配信後に寄せられた楽曲へのコメントでも、“本当に待ってました”“歌声が最高!”“不覚にも泣いてしまいました…”など、歌詞やメロディへの共感と、絶賛の声が届けられている。 胸の奥から溢れる大切な人を想う気持ちを歌ったこのラブソングが、季節を超えて2015年のクリスマス・シーズンを暖かく、優しい日々にしてくれるに違いない。 極上の楽曲と桐谷健太の優しくも野性味溢れる情感で響く歌声…大注目を集める『海の声』、要チェックだ。