AKB48グループ若手メンバーの貧乳話が面白すぎると話題に
「AKB48の今夜はお泊まりッ」(日本テレビ系)にてAKB48グループ若手メンバーの間で普段聞けないトークが繰り広げられた。 「一生忘れられない初撃の一言」をトークテーマに、SKE48東李苑は、胸がないのがコンプレックスで、あるファンに「十勝平野みたいだね(東李苑が北海道出身だから)」と言われ初めは気にしていたが最近ではお気に入りになっているエピソードを紹介。すると隣りにいたHKT48田中菜津美は余りに胸がなさすぎて「裏向いているのか表向いているのかわからない」とファンに言われてしまったとか。すると、AKB48谷口めぐも「絶壁です、目玉焼きみたい」と謎の表現。 NMB48須藤凛々花は大好きな哲学をただのキャラと言われることに対して怒りながら、尊敬するニーチェの悪口の書き込みを見た時は、パソコンの画面を叩き割ろうかと思うくらいに激怒したという。この後もあまりにも熱すぎる哲学トークをし「一歩目さえ踏み出せていない貴様らに言われる筋合いはない」とまさかの厳しい発言で笑いを取った。 次のトークテーマ「ワタシが絶対に許せないオンナ」では、NGT48西潟茉莉奈はスカートの下に見せパンを履かない女性が許せないと話し、「もろパンツが見えちゃう女性が許せない」そうだ。殆どのメンバーがライブ中だけではなく、普段も見せパンを履くということに驚くMCのおぎやはぎだった。 またこの日、体調を崩していた谷口めぐが、咳がひどくおぎやはぎより途中退場を促されると「嫌です」と拒否。ならばと、次に咳をしたら退場と言われると大号泣し「なんで咳しちゃいけないの」と大絶叫する一幕も。若手メンバー同士でしのぎを削る貴重な姿が見られた。 写真(C)AKS