ナオト・インティライミ ぬくもりの「ファン感謝祭」大盛況!
自身初のドーム公演となる12/23の京セラドーム公演「ナオト・インティライミ 初ドーム公演~4万人でオマットゥリ!!イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪~」が即完したナオト・インティライミ。 そんな絶好調の中、ファンクラブ会員のだけの為に行われた「ファン感謝祭」のファイナル公演が、11月30日東京・赤坂BLITZで行われた。   ぬくもりあるファンクラブをテーマにしているナオトらしく、一番前の席とナオトとの距離は1メートルもない近さだった。 まず初めのコーナー、「THE BEST! PV秘話」では、あまり世に出ていない『愛してた』の秘蔵PVを公開したり、海外でのPV撮影の奇跡の一瞬を公開したり、普段見ることのできない撮影の裏側を披露。 ナオトが遅れてきたファンに対して「どうしたの? 仕事終わらなかったの?」と話しかけ、「今日は皆の顔がすべて見えるから遅れてきたら全部理由聞いていくよ(笑)」とステージと客席の垣根を飛び越えてファンと直接会話する場面もあった。 「卓球真剣勝負」では前回のツアー中に卓球にはまったというナオトが、ファンと真剣勝負! ファンチームが勝つとプレゼントをもらえるように用意がされていたが、「真剣勝負で負けられない!!」という一切手抜きをしない、男ナオトのおかげでファンチームは大苦戦。ナオトの勝率は50%以上という結果となった。 イベントの最後となるライブコーナーでは、ナオトが「2015年、この歌が老若男女、色々な人に口ずさんで貰って、とても嬉しかった」と話し『いつかきっと』をギター一本で披露。「路上ライブをやっていた時期もあったから、やっぱりみんなの顔が直接見られるこの場所が本当に大切で、支えてくれるみんなの顔が見えるとパワーチャージできる、これからも色々一緒にやっていこうね」とファン感謝祭を締めくくった。 12月23日は初のドーム公演、年明けは初のミュージカル出演と、新しいことにどんどんチャレンジしていくナオト・インティライミのパワーの源がこの「ファン感謝祭」という暖かい場所につまっていた。