山本彩が胸を触られ「チームの距離も縮まった気がする」
NMB48の大黒柱として活躍する山本彩が、兼任先であるAKB48チームKにて、「チームの距離が縮まった」と報告している。 しかし、その距離の縮まり方がとんでもなかった!公式のTwitterに上げた写真ではなんと、メンバーに「胸を揉まれている写真」がアップされている。 「峯岸チームK「最終ベルが鳴る」公演初日でした!!」と、不安と緊張が混じったつぶやきを上げた後、同じチームKの篠崎彩奈と峯岸みなみがしっかりと山本彩のおっぱいを触っている写真が! 「今日のステージで チームの距離も縮まった気がする。 いや、これ縮まってるっていうんかな。 まぁ、でも、私を触ってる人達が イキイキしてるからいっか」と山本も距離が縮まったことを喜びながらも、何とも複雑な胸の内を明かしている。 山本彩は、NMB48ではエースとしてリーダーシップを取り現在のNMB48の人気を確立したメンバー。しかし、AKB48の選抜メンバーに数多く選ばれながらも今まで「借りてきた猫」と毎回ファンから言われてしまうほどに何故か目立たない存在となってしまっていた。 しかし今年、NHK連続テレビ小説「あさが来た」主題歌として、AKB48の楽曲『365日の紙飛行機』が採用され、そのセンターポジションに抜擢される快挙を果たすなど、AKB48メンバーとしての活躍の場も増えてきていた。「AKB48 41stシングル選抜総選挙」でも、NMB48メンバーが苦戦する中で6位と大健闘するなどしっかりと存在感をアピールしている。 チームKでも意外な形で結束も縮めた山本彩、年末に向け活躍が期待される。 写真(C)NMB48