AKB48の実力派峯岸チームK公演 センターは次世代エース向井地美音
11月30日(月)、峯岸みなみ率いる新チームKの「最終ベルが鳴る」公演がスタートした。「最終ベルが鳴る」公演は、2008年にチームK4thで初回を迎え、様々なチームが再演をしてきた。AKB48劇場では、2014年2月から4月に行われた大島チームKのウェイティング公演以来、1年7か月ぶりの再演となる。 峯岸チームKは、SKE48の松井珠理奈、NMB48の山本彩、HKT48の兒玉遥と、各グループのセンターが兼任している実力派揃いのチーム。そのセンターを務めるのは次世代エースを期待される向井地美音。ダンスナンバーが多い本公演で、冒頭4曲を歌い終えたメンバーからは早くも大量の汗と息切れが。 冒頭MCでは、先日AKB48の兼任解除を発表した松井珠理奈が「チームKとして劇場に立つのも残り少なくなってきたので、こうしてステージに立てることを感謝しながら、1曲1曲1秒1秒を大切に今日は歌っていきたい」と想いを語った。また、NMB48チームN兼任の山本彩は自己紹介MCで「今日は、みんなの視線を~」とどこかで聞いたことのあるフレーズを言うと、客席から「まゆゆ~・・?」との掛け声にかき消されましたが、「いただき~マンモス!したいと思います。これは今日限定です(笑)」とメンバーからの動揺と会場からの笑いを誘っていました。 ユニットでは、じゃんけん女王の藤田奈那と最近男装で人気が高まる茂木忍がスマートな男性役に扮し、相手役に山本彩と武藤十夢をむかえた「リターンマッチ」を披露。男装した茂木の1番のファンを豪語する向井地が相手役の武藤に嫉妬。そのポジションを狙うと宣言していた。そんな向井地もユニット曲『初恋泥棒』で王道アイドルの笑顔を振りまき、ファンを魅了していた。 センターの向井地美音は最後の総括として「組閣発表があって、最初不安しかなかったのですが、このチームKで活動する機会も増えて、そして今日本格的なスタートラインに立てたことが本当にうれしいですし、始まる前は泣きそうだったのですが、皆さんが温かく見守ってくださったおかげで無事初日大成功で終われたのではないかと思います。この後他のチームも新公演が始まっていくと思いますが、その一発目に走り出したチームK、他のチームに負けないような素晴らしい峯岸チームKを作っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。」と締めくくった。 なお、今後のAKB48劇場では、12月3日(木)高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにいかない」公演(出演者:飯野雅・伊豆田莉奈・岩立沙穂・大森美優・岡田彩花・岡田奈々・川本紗矢・北川綾巴・北澤早紀・小嶋真子・込山榛香・渋谷凪咲・高橋朱里・朝長美桜・西野未姫・村山彩希)、12月8日(火)AKB48劇場10周年記念特別公演、 12月22日(火)木﨑チームB「ただいま恋愛中」公演(出演者:未定)、2016年2月10日(水)横山チームA新公演(公演名・出演者:未定)と様々な公演が用意されている。(通常公演除く)。 (C)AKS