ギタリストRENO アルバムツアーファイナル完遂!
11月27日、ギタリストRENOのアルバムツアー「RENO TOUR 2015 GUITAR LIFE -UNIVERSE-」ファイナル公演が渋谷REXにて溢れるばかりの観客に囲まれて開催された。 ViViD解散後、「ギターが歌う」インストという形式で音楽活動を広げ、サポートライブや6月4日には自らのワンマンライブを行う傍ら、半年足らずの間に10曲以上制作を行い、遂に11月4にはフルアルバム『UNIVERSE』をリリースした。 そしてこの日はアルバムを引っさげ大阪・名古屋とツアーを行ってきたファイナル東京である。 序盤から激しいロックサウンドを会場に響かせ、観客はタオルを振り回し拳を突き上げ、必死にRENOに食らいつくようにも見える。 中盤は体に染み渡るような深いバラードを奏で、RENOのライブの醍醐味といえば、会場一帯となって盛り上がり、聴かせる事も出来るエンターテインメントであるが、愛嬌の溢れるMCも特徴の一つである。この日もアルバムプロモーション時のインストアイベントで、大型複合施設の大きな噴水の前で、急遽楽器店から借りた店頭のギターとアンプを使用して休日の地元住民を盛り上げてきたエピソードなど、微笑ましくユニークな話を披露し、会場を色々な角度から湧かせていた。 「2年後3年後、今以上にもっとみんなと元気に音楽を感じていきたい」 本編終盤には、RENOとベース大桃俊樹の掛け合いになり、その流れでライブでは稀である「ギターの音色と観客との掛け合い」も行われ、ここにもRENOのエンターテインメント性が感じられた。 そして終演後、自身の誕生日である2016年6月4日にTSUTAYA O-WESTでのワンマンライブを発表した。 現在、男性限定ボーカルオーディションを行っており、グランプリはRENOとユニットでエピックレコードよりメジャーデビューの道が待っている。来年にはオーディションで勝ち残ったボーカルとの活動も期待大である。