欅坂46に新メンバー「長濱ねる」が加入、「けやき坂46」発足サプライズも
秋元康総合プロデュースの乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾として結成された欅坂46にサプライズ発表が。2015年11月29日(日)深夜放送のテレビ東京「欅って、書けない?」にて、欅坂46に新メンバー、長濱ねるが加入することが発表された。 長濱ねるは長崎県出身の17歳。「自分にチャンスがあるなら、絶対にアイドルになりたい」という決意を胸にオーディションを受け順調に審査を突破し、最終オーディションのために東京へ向うも、最終オーディション当日に母親に東京から長崎へ連れ戻されており、最終オーディションを受けることが出来なかったことも明らかとなった。 長崎に帰宅すると、悔しくて泣きじゃくる長濱の様子を見かねた父が運営スタッフに相談。相談を受けたスタッフは長濱の両親と本人を福岡で行われていた乃木坂46のコンサートに招待。そこで乃木坂46メンバーの父親のコメント映像を観てそれぞれの家庭でも悩みながら娘を送り出していることを知り、 また歌い踊るメンバーが輝いている姿を観て、両親は「娘を後押ししよう」と気持ちが変わっていくことも番組内のインタビューで告白された。 長濱の両親はコンサート終了後、「娘にもう一度チャンスをあげて欲しい」と申し出て、運営スタッフによる話し合いの結果、3次審査まで高い評価を得ていた長濱ねるを特例で欅坂46に加入させることが決定した。 しかし、最終オーディションを受けていない長濱はそのまま他のメンバーと同様に加入するのではなく、まずは欅坂46におけるいわゆるアンダーグループ「けやき坂46」(「欅坂46」と区別するため、呼び名は「ひらがなけやき」)のメンバーとして活動をスタートすることも発表された。 同時にけやき坂46(呼び名:ひらがなけやき)のオーディションの開催も発表された。