SKE48 リクアワは感動的な結果に!松村香織、涙
SKE48が「SKE48 冬コン 2015 名古屋再始動。〜珠理奈が帰って来た〜」2日目として、「SKE48 リクエストアワー 劇場公演楽曲セットリストベスト 30(昼公演)」 「SKE48 リクエストアワー シングル・アルバム収録楽曲セットリストベスト 30(夜公演)」を、11月29日、名古屋国際会議場センチュリーホールにて開催した。 AKB48グループではおなじみとなった、ファンからのリクエスト投票による楽曲の総選挙「リクエストアワー」。今年のSKE48リクエストアワーは、昼公演「劇場公演楽曲セットリストベスト 30」、夜公演「シングル・アルバム収録楽曲セットリス トベスト 30」と、楽曲のカテゴリーを分けた初の試みとなった。 昼公演のオープニングは、30位『僕の太陽』、29位『Nice to meet you!』、28位『仲間の歌』がランクイン。『狼とプライド』『兆し』『Glory days』 など、お馴染みの公演楽曲を次々に披露していく。 途中、KⅡメンバーから高柳明音にドッキリが仕掛けられ、サプライズケーキでお祝い。高柳からは「24歳を迎えました。チーム KⅡのメンバーともっと新しいことに挑戦していきたいと思いますし、個人的にもまだまだ頑張りますので、よろしくお願いします。」と抱負を語った。 昼公演4位の発表では、『SKE48 シングルメドレー 〜KⅡ 5th ver〜』がランクイン。『チョコの奴隷』や『アイシテラブル!』など劇場公演楽曲カテゴリーでシングルメドレーを披露するという予想外の展開に。続く3位には、チーム KⅡ「ラムネの飲み方」公演の楽曲 『クロス』がランクイン。2位はチーム S「制服の芽」公演の松井珠理奈センターの代表曲『思い出以上』がランクイン。 珠理奈、矢方美紀、山内鈴蘭が妖艶に歌い上げた。 そして、162曲の劇場公演楽曲から選ばれた栄冠の1位は、昨年に続き、山下ゆかりが歌う 『虫のバラード』が2連覇を達成。青いペンライトで照らされた会場で 、山下が渾身の絶唱で歌い上げると、会場は「ゆかりコール」に包まれた。 「本当にありがとうございます。今年もたくさんの方が、リクエストしてくれたんだなと思うと、本当に嬉しいです。2連覇は信じられなくて、でも素直に嬉しいです。たくさんの方に声をかけていただき、 その言葉が自信になりました。ひとりで歌ってるけど気持ちは一緒かな?と思えて、いつも以上に堂々と歌えたと思います。歌にのせてみんなの心に 感謝の気持ちが届けばいいなと思っています。」とコメントし、昼公演は幕を閉じした。 夜公演は、11月25日にリリースしたばかりのSKE48初ユニット ラブ・クレッシェンドが30位にランクイン。25 位『オキドキ』24 位『片想いFinally』といったシングル表題楽曲や、19位には須田亜香里、松村香織、谷真理佳が歌う『恋よりも Dream』などのシングルカップリング曲がランクイン。 4位に『ここで一発』が発表されると、だ〜す〜&つ〜ま〜のふたりが 客席に登場し会場を盛り上げた。 夜公演も終盤、3位に『神々の領域』がランクイン。『キスだって左利き』のカップリング曲として、2012年9月に当時1期生11名で歌っていたこの曲を、ついに二人となった大矢真那と松井珠理奈が披露。 2位は、北川綾巴と宮前杏実がWセンターで歌う『12月のカンガルー』となり、北川と宮前をはじめとする22名が弾けるダンスでパフォーマンス。 そして112曲のシングル・アルバム収録楽曲から輝く1位の座を射止めた楽曲は、 2013年7月にリリ ースした『美しい稲妻』のカップリング楽曲『夕立の前』。1位が発表されると 、会場からは大きな歓声が上がった。当時の研究生が歌ったこの楽曲を、松村、北川、熊崎など12名で披露。歌い終わると当時リーダ的存在だった松村が歌唱メンバーに向けて「この 2日間で、みんなの成長が見れて嬉しかったです。これからみんなには選抜に入って欲しいと思います。みんなと出逢えて本当に嬉しいです。ありがとう」と涙しながらコメントし、周りのメンバーも感極まるシーンに会場からあたたかな拍手が送られた。 また、夜公演のアンコールでは中断されていた「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜」の続報も発表され、ファンだけでなく、ツアーの再開を願っていたメンバーも大喜びのサプライズ発表に。湯浅洋 SKE48 劇場支配人がステージに登壇し、「全国ツアーを再開することになりました。珠理奈もAKB48との兼任からSKE48専任になるということで、SKE48の新たな再始動を応援していただければと思います。よろしくお願いします。」と挨拶し、珠理奈が「ツアーも再開して本格的に再始動できることが嬉しいです。これからもどんどん成長し続けるSKE48の応援、よろしくお願いします。」とコメントし、幕を閉じた。   山下ゆかり 初期のチームE「逆上がり」公演で歌わせてもらっていた『虫のバラード』。あの時にこの曲を任せてもらえていなかったら、今の私はきっと存在しません。歌って行くうちにいろいろな意見を耳にして、当時は公演でこの曲を歌うことが辛くなった時期もありました。でも、ありがたい事に毎年リクエストアワーではトップ10以内で歌わせてもらって、去年と今年でまさかの2冠をいただけるなんて…今年もたくさんの方に「また、ゆかりの虫のバラードを1位で見てみたい」と言ってもらえて、それが私の自信にも繋がりました。たくさんの方に支えられながら今があります。ファンの方、家族、メンバー、スタッフさん、全ての方に感謝しています。感謝の気持ちを歌にのせて、応援してくださった皆さんの心に届いていたら嬉しいです。 松村香織 まさか1位になれるなんて思っていなかったし、当時は22人で歌っていた研究生が今は12人になって、チームも別々になり、みんなそれぞれのチームで活躍して、一緒に過ごす時間が少なくなったけど、 またこうやって一緒に歌うことができて、研究生の頃の気持ちを思い出すことができました。 ありがとうございました。 写真(C)AKS