人気グラドル 岸明日香が「奇跡の手相を持つ」と話題に
人気グラビアアイドルの岸明日香が11月28日、なんとも大物すぎる手相を写した画像をネット上で披露し、にわかに注目を集めている。 これは岸が同日、twitterアカウント上に掲載した「今日は岸明日香カレンダー2016発売記念イベント 渋谷パルコに来てくださったたくさんの皆様ありがとうございます 有難いことに完売してしまって買えなかった方たちもいたみたいで残念です..2016年カレンダー飾って頑張ってな!」と、先頃発売された2016年度カレンダーのリリースイベントに参加したことや、駆けつけたファンに対する感謝の言葉を綴った際に添えた画像で、その画像の中で彼女は、水着姿で両手を開いたポーズをとっていたが、これを観たファンからは「マスカケでは?」と、彼女の手相に対する思わぬ指摘が。 これに対して岸自身も、それと認めるツイートを行ったが、実はこの「マスカケ」と呼ばれる相は、数ある手相の中でも、かなりの「吉相」とされるもの。その“レア度”については、諸説あるものの、古くから「1万人に1人」とも、「100万人に1人」とも言われるほど珍しいものであるそうで、一般には「天才型」で逆境に強く、その個性と強靭な精神力を武器に、どこまでも伸し上がっていくことができるという、強運の持ち主。いわゆる“持ってる人”に類される相とのことだが、彼女の場合、それが両手に現れているだけになんとも驚くばかり。 ちなみに、このマスカケ線、詳細には不明な点もあるものの、古くは江戸幕府を開いた徳川家康や、漫画家の手塚治虫、天才科学者のアインシュタインもそうであったという話が残っており、また、存命中の有名人の中では、石原慎太郎元都知事や、小泉純一郎元首相のほか、芸能界においてもタモリや明石家さんま、志村けん、福山雅治に中川翔子、さらにはダウンタウン浜田雅功など、「同じ相が出ている」とされる面々はビッグネームばかり。 「当たるも八卦当たらぬも八卦」。その真偽は別として、少なくとも占いの世界においては「大物になる相」とされているだけに、今回のカレンダーの売れ行きはもとより、彼女が今後どのような大躍進を見せるのか、そのファンならずとも実に興味深いところだ。