HKT48劇場4周年イベントはまるでお祭り 指原飛び入りでトークショー
2011年11月26日にHKT48劇場がオープンし4周年。 今年は、博多三大祭りの放生会(ほうじょうや)にあやかり、11月25日(水)〜26日(木)の2日間にわたり「箱推宮 4生会(はこおしぐう ふぉーじょうや)〜1461日分の感謝・楽しまんといかんばい〜」と銘打って、HKT48劇場ステージと隣接する特設会場にて、メンバー考案によるステージイベントをはじめ、お祭りならではのゲームコーナーや出店、そしてHKT48の歴史を振り返るメモリアル展や11月25日(水)に発売となった6thシングル「しぇからしか!」の発売を記念してMV衣装や特攻服を展示。劇場オープン4周年を大勢のお客様と盛大な「祭り」で祝った。 お祭り会場のステージでは、メンバーの得意料理で対決するクッキングコーナーや桃太郎をパロディにした寸劇、また研究生によるスペシャルライブなども開催。 指原莉乃は飛び入りでステージに登場し、田島と約30分間のトークショーを行った。指原が初監督を務める来年1月29日公開予定「DOCUMENTARY of HKT48」(仮題)の製作が進んでいることを明かすと会場からは大きな歓声が上がっていた。 (C)AKS