今年の紅白はロックが熱い! BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。、星野源が初出場
今年の紅白は例年に無くロックが熱い番組となりそうだ。「第66回NHK紅白歌合戦」出場歌手が発表され、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。、星野源が初出場として選ばれた。 BUMP OF CHICKENは長らく日本のロックシーンを引っ張ってきたバンド。2000年にメジャーデビューしたが、地上波テレビへの出演を控えていた。それでも、各大型コンサート会場を満員とし、大ヒットを連発。ロックバンドとして新しい形を作り続けてきた。2015年4月22日に前作から約2年7ヵ月ぶりとなる両A面シングル『Hello,world!/コロニー』を発売。現在の日本の音楽シーンの中で、最重要なロックバンドとして紅白でどんな演奏を聞かせてくれるのか楽しみだ。 また、俳優としても活躍する星野源。星野はインストゥルメンタルバンドSAKEROCKで活躍、その後はソロとしてミュージシャン/俳優/文筆家など多方面で様々な作品を発表。近年では俳優としての星野のイメージもかなり強くなってきた。ミュージシャンとしては、2015年5月27日に8枚目のシングル『SUN』を発売、ソウル・ファンクの要素を取り入れた踊れるロックとして大ヒットをした名曲。エンターテイナー・星野源が紅白のステージでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。 そして、ロックファンだけではなくお茶の間でもお馴染みとなったゲスの極み乙女。。一度聞いたら忘れられないアーティスト名と曲名、しかもどの楽曲も卓越した演奏技術で楽しませてくれる。川谷絵音が創りだす疾走感がありながらも次々と転調してゆきながら、つい口ずさんでしまうキャッチーなサビへとつながっていく楽曲は中毒度が高い。 初出場組以外からも、X JAPAN、SEKAI NO OWARIも出場。どのミュージシャンたちも演奏技術が高く、百戦錬磨のパフォーマーであるだけに老若男女が見る紅白歌合戦でどんな驚きを発見させてくれるのか?楽しみだ。