RCサクセション 45周年記念ベスト・アルバム発売
1991年より無期限の活動休止となっているロックン・ロール・バンドのRCサクセションが、1970年にシングル『宝くじは買わない』でデビューして以来45周年にあたる今年、キャリアの総決算となるベスト・アルバム『KING OF BEST』を11月25日に発売した。 アルバムにはデビュー・シングル『宝くじは買わない』をはじめ、2015年6月に公開された園子温監督作品映画「ラブ&ピース」の主題歌『スローバラード』やロック・アンセム『雨あがりの夜空に』『トランジスタ・ラジオ』、そして10月から放送されているTBS系のドラマ「テッペン!水ドラ!!「おかしの家」」の主題歌『空がまた暗くなる』を含む1970年~1990年の約20年間におよぶRCサクセションのリリースから19曲を厳選し、リマスタリングを施し高音質SHM-CDで収録。初の決定盤オールタイム・ベストとなっている。 『空がまた暗くなる』は忌野清志郎の作詞・作曲による楽曲で1990年に発表された、現時点でのRCサクセションの最後のアルバム『Baby a Go Go』に収録されており、子供のころには誰もが持っていた「勇気」を忘れてしまった大人に次の一歩を踏み出すように背中を押してくれる、まさに今の時代にも当てはまる名曲だ。 ブックレットには、おおくぼひさこ氏撮影による、未発表写真も数点掲載されている。