世界のBABYMETAL「VOGUE JAPAN Women of the Year」に選出
世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版である『VOGUE JAPAN』は、スタイル・生き方・美においてVOGUE JAPAN読者をインスパイアし、2015年に各分野で圧倒的な活躍を見せた“VOGUEな女性たち”に贈る「VOGUE JAPAN  Women of the Year 2015」を発表し、世界で活躍するメタルダンスユニット、BABYMETALが選出された。 今年も5月からメキシコを皮切りに10か国を巡るワールドツアーを敢行。初秋からは初めての国内ツアーもスタート。2010年の結成以来、国内外のファンを魅了し続けていることが評価された。 今年で11回目を迎える「VOGUE JAPAN Women of the Year」の2015年受賞者は、ほかにデザイナー・阿部千登勢、染織家/随筆家・志村ふくみ、ダンサー・菅原小春、作家・西加奈子、女優・広瀬すず、同じく女優・吉田羊、競泳選手・渡部香生子(五十音順)と様々なジャンルから今最も輝く女性達が選ばれた。その授賞式・記者会見が東京・目黒雅叙園で開催された。 当日は雅叙園チャペル車寄せにレクサスに乗った受賞者が1人ずつ到着。ピース・又吉直樹、綾部祐二、MCも務めたハリー杉山がエスコートしてレッドカーペットに颯爽と降り立った。BABYMETALの3人も緊張した面持ちで車から降りると、ピース綾部のエスコートでレッドカーペットへ。ピース綾部も参加して、お決まりのポーズでカメラのフラッシュを浴びた。 授賞式では「VOUGE JAPAN」編集長・渡辺三津子からトロフィーを手渡され、メンバーを代表してSU―METALが「こんな素晴らしい賞を頂けて光栄です。この受賞を自信に変えて、自分の信じる道を進んでいきたいと思います。」とあいさつした。さらにハリーから「この喜びを誰に伝えたいですか?」と聞かれ、「ずっと応援してくれている日本とそして海外のファンのかたに伝えたいです」と微笑み、「2016年も信じた道を突き進み、”BABYMETAL”という新しいジャンルを確立できるように頑張ります!」と意気込んだ。