たかみなラストシングルMVにあの灯台が!感動シーン盛りだくさん
12 月9 日( 水) 発売、AKB48 42ndシングル『唇にBe My Baby』のミュージック・ビデオが完成した。 本楽曲は卒業を控えた高橋みなみのラスト・シングルであり、2006 年リリースのインディーズ1st シングル『桜の花びらたち』以来の高橋みなみの単独センター楽曲だ。 メジャーデビュー・シングル『会いたかった』(2006 年)のロケ地の象徴である灯台や、電車を見送るシーンなど古参ファンにはたまらない、そして新規ファンには新鮮な発見が散りばめられている。笑いと感動のドラマシーン、テンポ良い歌シーンとの融合が素晴らしい大作!ファンならずとも感動、間違いなしだ。 <高橋みなみコメント> 私にとって卒業シングルのMVなのですが、その事を抜きにしても大好きなミュージックビデオになりました。 今回、初期の頃からお世話になっている高橋栄樹監督に撮っていただき、本当にAKB48のことも良く知ってくれている方で、MVのテーマは「バトンタッチ」していく、そんなMVになっているなと思います。メジャー・デビューシングル『会いたかった』の撮影現場にも再び行かせていただき、思い出も感じながら、撮影できたのは良かったです。楽曲はすごく明るく、“アイドル”らしい恋愛の歌なんですが、その明るいからこそ別れが切なく、そして次に繋がる希望だったりとかが見えてくるMVになっているのかなと思います。是非たくさんの方に見ていただきたいと思います。 <高橋栄樹監督コメント> たかみなさんラストシングルということで、彼女のいろんな表情を、たくさん写し出したいと思いました。 また、AKB48 の10 年という時間の流れも懐かしさだけじゃなく、未来への礎(いしずえ)として描きたかった。手前味噌で恐縮ですが、 MV 冒頭のダンス& リップの編集はアイドル史上に残るカッティングになった思う。時間かけたもん。 (C)AKS