三浦大知 ストリートダンスの祭典にサプライズ出演
11月22日(日)に渋谷エリアにて開催された日本最大級のストリートダンスの祭典「Shibuya StreetDance Week 2015」。 初開催となる同イベントは、国際交流基金アジアセンター、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、株式会社パルコが中心となって企画され、日本とアジアの文化交流を図りながら、世界から注目されるストリートダンスを国内外に発信する目的で開催された。そのイベントのテーマソング『music』を歌う三浦大知が、代々木公園野外メインステージで11月22日(日)行われた、自由参加型ダンスプログラム「DANCE WITH music」にサプライズ出演し、約3000人の観客が見守る中、詰めかけた子供から大人と一緒に“フラッシュモブ”を行った。 (C)HAMASHOW 事前にイベントホームページに公開された三浦大知によるダンスレクチャー動画を観てダンスを覚えて来場された一般の参加者が、三浦大知と共にダンスを踊って会場を盛り上げた。 “ダンスを通じて色々な世代の人達とコミュニケーションをとれて楽しかった!”とイベント後に三浦大知が語った通り、会場に集まった方々はダンスを通して繋がり、一体感のあるイベントとなった。なお、三浦大知は12月17日に、2012年以降に発表された全てのミュージックビデオに加え、その卓越したダンススキルが存分に堪能出来るコレオビデオなど全22本のビデオを収録した「Choreo Chronicle 2012-2015 Plus」をリリースすることも決定している。