チキパ デビュー当時へタイムトリップ?アプガとの対バンも圧巻!
チキパことCheeky Paradeが六本木・ニコファーレで定期ライブのVol.1公演を行った。 11月より月1回のペースで、毎公演、完全に演出を変えて行う(実験的)企画LIVE。1部がコンセプトにもとづくライブ、2部は対バンという、なんとも豪華な内容。会場に入ることができるリアルチケットは公演前に完売し、1部の企画ライブのテーマ、「Back To The Future」に基づいたPR写真が“ご本家”にソックリで話題になっていた。 1部の冒頭では“映画ヲタク”島崎莉乃扮するスティーブン・シマザキバーグが登場。 「Back To The Future」のコンセプトをUSJのキャストさんばりに丁寧に説明してくれる。「映画って本当にすばらしいですね~」が口癖の肩幅が広い彼は、「過去がぐちゃぐちゃになってしまう」というキーワードを残して去っていく。。 “チキパ的”デロリアンUFOに乗ったメンバーは品川ステラボールでワンマンライブを行った2014年3月22日にタイムトリップ!なんと当時と同じイントロ、映像、衣装で登場!MCまで完璧コピーで、『C.P.U !?』『チェケラ』『チィキィファイター』と立て続けに披露し、当時のライブを完全再現。・・・と思いきや、途中でカウンターの様子がおかしい。なんと、スティーブン・シマザキバーグが予言していたように、過去がぐちゃぐちゃになってしまい、ユニット曲のメンバーが変わってしまったようだ。 新鮮なメンバーでのセットリスト再現にファンは驚きと感動の渦へ。ほぼノンストップに近いまま、次々カウンターは「思い出のライブ日」「楽曲」へとタイムトリップしてゆく。 チキパが初めてNYでライブを行い、そのステージでMusicVideoを撮影した『CANDY POP GALAXY BOMB!!』ではなんと曲中でメンバー全員が交互にはけて、早着替え。 1曲終えるころには全員衣装が変わるという妙技を見せ付けた。 直近のライブツアーで披露した、『M.O.N.ST@R』『カラフルスターライト』を含14曲を歌い上げたところで、映画風のエンドロールが流れ、ライブ終了かと思いきや・・・!忘れかけていたカウンターが出現し、“2012年2月19日”を指す。Cheeky Paradeの結成日だ。 まさかのCheeky Parade初お披露目時の衣装でインディーズ時代からの名曲「Cheeky dreamer」をアンコールで披露した。 これで終わらず、カウンターが”2015/12/26””2016/2/20”と「未来」を指し、次回定期ライブでの新曲披露、4周年記念@新宿BLAZE を発表。まさしく「Back To The Future」は過去のメモリアルLIVEへ、そして未来へとタイムトリップするイベントだった。 2部はアップアップガールズ(仮)との対バンライブ。チキパ、鈴木友梨耶のプロレスリングアナウンスのような影ナレから始まった対バンは、チキパ・アプガが交互に楽曲披露を行う“リアル対バン”。 そして、『BUNBUN NINE9’』『アッパーカット』の楽曲交換をサプライズで披露!どちらも“実力派”と呼ばれているチキパとアプガだからこそ出来た、超・見ごたえたっぷりの対バンだった。なお、12月26日に行われる定期ライブVol.2のコンセプトは「天使にラブソングを」。チキパの楽曲にそんなにラブソングがあっただろうか・・・!? また、この日に新曲を初披露するとの電撃告知もあった。対バンの相手は本格ダンスでは右に出るものが居ない程、完成されたパフォーマンスで有名なTEMPURA KIDZ。チキパ定期、なかなかのクオリティに更なる期待が高まる。来月の定期ライブにも乞うご期待。