モー娘。卒業の鞘師里保へ先輩からエール
モーニング娘。’15をはじめとするハロー!プロジェクトのメンバー及びモーニング娘。OGが、11月21日にモラージュ菖蒲(埼玉県久喜市)にて行なわれたイベント「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015with勇気の翼秋フェス」のオープニングセレモニーに登場した。 同イベントでは、都市に住む若者たちに農業やアウトドア、DIY等を通じ、地域(里山・里海)での暮らしや余暇の過ごし方を紹介・提案。協力自治体や協賛企業(団体)の協力のもと、トークショーや体験コーナーなどを21日~23日まで展開している。 初日となる21日のオープニングセレモニーには、飯田圭織、保田圭、矢口真里、吉澤ひとみ、辻希美、モーニング娘。’15、カントリー・ガールズ、大西暁子が登場し、メンバーそれぞれが各コンテンツについての概要や魅力を説明。カントリー・ガールズ嗣永桃子は、「私たちカントリー・ガールズは、原点でもあるカントリー娘。の半農半芸の精神をしっかり受け継いで、皆さんに里山・里海の良さを知って頂けるように頑張りたいと思います。」と意気込みを語った。 また、明日11月22日の「いい夫婦の日」にちなんでトークが展開される中、司会のさわやか五郎(上々軍団)からどんな夫婦に憧れる?という質問が上がると、カントリー・ガールズ森戸知沙希からは「毎日笑顔が絶えない夫婦がいいです」と答えると、すかさずプレイングマネージャーの嗣永桃子から「なんで無難なコメントするの?」と厳しいツッコミ。先輩からのダメだしに会場が沸いた中、続いて同じ質問が2013年に結婚した保田圭に向けられると「嫁にいけるだけで十分です」というコメントが返り、更に笑いが起こった。 今年の12月31日をもってモーニング娘。を卒業する鞘師里保にとっては、今回のsatoyamaイベントが最後の参加となるが、グループの先輩にあたる飯田は鞘師の卒業に対して「若いのに自分で決断をしたということで感心してますし、本当に意志の強さを感じたんですけど、モーニング娘。としての時間を大切にすごしてもらえたらなと思います」とエールを送った。 オープニングセレモニーの最後は、ピーベリー『キャベツ白書~春編~』をモーニング娘。’15の鞘師が歌い、ステージを締めくくった。