MERRY 半年ぶり新シングル『平日の女』発売決定
社会が作り出した既成概念にとらわれず、日々鬱積した感情を音楽に乗せてぶちまけてきたMERRYの最新シングルが2016年1月27日にリリースされることが決定した。 “現代社会の幸福論”を謡い上げた前作『Happy life』から約半年ぶりに発表されるこの作品は、『平日の女』というなんとも意味深長なタイトルが付けられたMERRY 2016年第一弾シングル。代名詞とも言える哀愁的かつレトロ感のあるサウンドに乗せられた背徳的な恋愛模様を描き出した歌詞からはMERRYの根底にある独自の精神性が感じられ、最新アルバム『NOnsenSe MARkeT』の発表以降精力的な活動をしてきた彼らの未来を示す作品になるだろう。 更に、タイトルだけでなく気になるのは、その収録内容。表題曲である『平日の女』がA面/B面として収録されるのだが、ここでは同じ歌詞に異なる楽曲で構成するという前代未聞の試みがなされているという。 発売形態は、特典DVDが付録の初回生産限定盤2種と、通常盤の3形態。まず、初回生産限定盤Aには、2015年10月20日に高円寺HIGHで行われた男性限定ライヴ映像がボリューム満点で収録され、初回生産限定盤Bには前作『Happy life』に続き、鬼才と言われる近藤廣行監督によるミュージックビデオが収録される予定だ。そして通常盤には、同年10月19日開催の女性限定ライヴよりキラーチューン2曲が臨場感溢れるサウンドでパッケージされる。尚、初回生産限定盤は数に限りがあるので、入手したい人は早めに予約を済ませておこう。 シングル発売直後となる2016年2月7日には、アルバム『NOnsenSe MARkeT』の集大成となる記念公演<NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階->を控えるMERRY。今作が、何事にも臆することなく己の信念を貫き続ける彼らにとって起爆剤になることを期待したい。