「クリスマスソング」ランキング2015発表!裏切らないあの定番はもちろん新顔も
旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌「CD&DLでーた」(編集長:松林大介)は、クリスマスのシーズンにあわせ、10~30代の男女を対象とした、「クリスマスソング」ランキングを発表します。(調査期間:2015年10月5日~10月6日、有効回答者数:4555人) ●あなたが1番好きな「クリスマスソング」は? 総合ランキングTOP20 設問:あなたが1番好きな「クリスマスソング」を1曲、教えてください。 ※曲名とアーティスト名、またその理由やエピソードなどもあわせてご記入ください。 回答者数:4555人 順位:曲名/アーティスト名 1位:クリスマス・イブ/山下達郎 2位:ラスト・クリスマス/ワム! 3位:恋人たちのクリスマス/マライア・キャリー 4位:いつかのメリークリスマス/B’z 5位:クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一 6位:恋人がサンタクロース/松任谷由実 7位:メリクリ/BoA 8位:白い恋人達/桑田佳祐 9位:ハッピー・クリスマス (戦争は終った)/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ 10位:Hurry Xmas/L’Arc~en~Ciel 11位:Burnin’ X’mas/T.M.Revolution 12位:WISH/嵐 13位:メリークリスマス/二宮和也(嵐) 14位:すてきなホリデイ/竹内まりや 15位:サイレント・イヴ/辛島美登里 16位:ディス・クリスマス/クリス・ブラウン 17位:LAST CHRISTMAS/EXILE 18位:冬物語/ケツメイシ 19位:Merry Christmas Mr.Lawrence/坂本龍一 20位:WINTER SONG/DREAMS COME TRUE 【今回の調査結果について】 街はそろそろクリスマスの準備を始めたころでしょうか? 「CD&DLでーた」では、昨年に続き、人気の「クリスマスソング」ランキングをお届けします。(ランキング調査はポピュラー・ミュージックが対象となります) 名曲・定番曲がたくさんあるカテゴリだけに、総合ランキングTOP20を見ても、昨年と4曲しか入れ替わりがありません。今回はその「入れ替わった曲」をチェックしていきたいと思います。 まずは『Burnin’ X’mas』(T.M.Revolution/総合11位)です。みんなのアニキからお茶の間の顔となった、「CD&DLでーた」本誌でもおなじみ西川貴教さん。浸透度のさらなる高まりが今回のランクインを呼び寄せたのでしょうか? “特徴的な歌詞とPVがとても印象的”、“ノリがよくて好き”、“インパクトが強くて、印象に残っている”といったコメントが寄せられ、ほかの「クリスマスソング」とはひと味違う楽曲とPVが異彩を放っています。 次は、『メリークリスマス』(二宮和也(嵐)/総合13位)。昨年10月にリリースされた嵐のアルバム『THE DIGITALIAN』に収録されていた、二宮和也さんのソロ曲です。“曲のかわいさに一目ぼれした”、“歌詞も衣装もかわいくて大好きな曲”など、楽曲の良さやそのかわいらしさに魅かれたという女性からのコメントが多く集まりました。この楽曲は、作詞・作曲・編曲にご本人が関わっているという意欲作です。新しい「クリスマスソング」として定着していくのか、楽しみですね。 そして『ディス・クリスマス』(クリス・ブラウン/総合16位)。昨年、引退作とも噂されたアルバム『X』をリリースし、音楽シーンにカムバックしたクリス・ブラウン。そんな彼が2007年に映画「ディス・クリスマス」(日本未公開)に提供した、ダニー・ハサウェイのカバー曲が今回ランクインしています。 最後は『冬物語』(ケツメイシ/総合18位)です。こちらは「聖なる夜に」との両A面シングルとして2007年にリリースされた作品です。今回は意外にも『聖なる夜に』ではなく、『冬物語』が上位にランクインする結果となりました。“冬の寒空の切なさが感じられる”といったコメントが寄せられましたが、冬本番のクリスマス、こういった切ない曲も、また味わい深い余韻がありますね。 全体的には、クリスマスシーズンに街中でよく流れている、いわゆる定番の「クリスマスソング」が上位に並ぶランキングとなりました。なかなか新しい定番曲が生まれにくいカテゴリではありますが、来年また新しい作品がランクインしてくることを期待しています。 さて、最新の「CD&DLでーた」12月号では、カバーにHYDEとSPYAIRを迎えています。今回の特集は“歌に乗せて届けたいコト”。音楽アーティストが楽曲を、歌を媒介にして届けたいコトとは・・・!? さらに、12月9日発売予定の「別冊CD&DLでーた My Girl」Vol.7では、クリスマスにあわせて、たくさんのアイドルがサンタ姿でのグラビアを披露してくれています。こちらもあわせてお楽しみください! -CD&DLでーた編集部-