注目の新人 Thinking Dogs がアコースティック編成のフリーイベント開催
セカンドシングル『3 times』をリリースしたThinking Dogsが発売日である11月18日(水)にHMVエソラ池袋店にてアコースティック編成のフリーイベントを開催した。 1曲目は彼らのデビューシングルである『世界は終わらない』を歌唱し、続けて新曲『3 times』を披露。 疾走感のあるドラムとギターソロが印象的な楽曲だが普段のバンド編成とはまた一味違うアコースティックギター2本とカホーンを使ったアコースティック編成でThinking Dogsの新たな一面を見せつけた。 その後”和田光司”の『Butter-fly』をカバーし、続けて『もしも あなたが・・・』、『あと100マイル』をしっとりと歌い上げた後訪れたファンに向かってセカンドシングルをリリースできた事について感謝の言葉を語った彼ら。 「僕らはこれからたくさん頑張っていかなければならないことがあるので、今日という大切な日に駆けつけてくれた皆のパワーを貸してください!」と叫んだボーカルのTSUBASAに答えるように、最後に披露した『悲しみ以上』では自然と手拍子が巻き起こり、お客さんと一緒に歌う場面が見られるなど会場はアットホームな空間に包まれた。 デビューシングルのリリースイベントから早5ヶ月、ライブをする度に凄まじい勢いで動員が増えているThinking Dogs、その確かな演奏力と高い技術を改めて確認できるイベントになったのは間違いない。 また先日公開されたばかりのセカンドシングル『3 times』のMUSIC VIDEOが注目されている。 監督は映画「南極料理人」や「キツツキと雨」を手掛けた沖田修一監督。田舎育ちで蜜蜂好きが高じて養蜂を趣味で行っているギターのJunを知った沖田修一監督は自身も養蜂に興味があったという理由もあり、MUSIC VIDEOを養蜂農家で撮影。”世界初の養蜂ロックMUSIC VIDEO”として話題を呼んでいる。 更にカップリングには今週11月21日(土)公開のAKB48島崎遥香主演映画「劇場霊」の主題歌に抜擢されている『もしも あなたが・・・』も収録されており、内容の濃い作品となった。 デビューから勢いが止まらないThinking Dogs、今後の彼らの快進撃に是非注目して頂きたい。