VAMPSとの共演で才能をいかんなく発揮!ロック界の新星“ASH DA HERO”
12月2日にミニアルバム『THIS IS A HERO』でメジャーデビューするASH DA HEROが、11月15日にZepp Tokyoで行われた「VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 」にJOINT ACTとして出演。満員の観客の前で熱いパフォーマンスを繰り広げ、オーディエンスに鮮烈な印象を植えつけた。 会場に詰めかけた3,000人の観客の殆どが初めて目にするであろうASH DA HEROのライブ。 SEが流れASHがステージに登場した時点では“お手並み拝見”といった雰囲気だった客席の空気が、1曲目の『THIS IS LOVE』でその声が響き渡るや否や一転。のっけから全開のパフォーマンスを受け、瞬く間に身体を揺らす観客が増殖。会場は熱気に満ちていく。 その反応にASH自身も手応えを感じたのか、短いMCを挟んで畳み掛けるように披露された『結局なんにもやれてない』『Spawn』でのパフォーマンスのヴォルテージは更に高まり、呼応する歓声や拍手を受け一気にヒートアップした会場の様相は、とてもデビュー前のアーティストとのライブとは思えないものとなった。 MCの「名前だけでも覚えて帰って下さい…なんで言うつもりはなく、ガッツリファンになって下さい!」とASHらしい強気な言葉にひときわ大きな歓声が巻き起こり、続いて演奏されたメジャーデビュー盤『THIS IS A HERO』のリードトラック『反抗声明』そして『WAKE UP ROCK AND ROLL BAND』という“ASH流ロックンロール・ナンバー” では拳が突き上げられ大合唱が巻き起こるASHの独断場が展開される。 アップテンポのナンバーだけでなく『GOOD MORNING HELLO GOOD BYE』『BABY GOOD NIGHT』といったメロディアスなバラードでは、その美メロと抑揚のあるヴォーカル力で観客をしっとりと魅了する等、前評判通り幅広い音楽性を持ったアーティストであるところもしっかりと見せつけてくれた。 最後のMCで「絶対ここ(Zepp Tokyo)に自力で帰ってくるから!」と力強く宣言してから『からっぽの街』とラストナンバー『Prologue』で全9曲・45分間の“初Zeppライブ”を締めくくったASHだが、VAMPSのアンコール時にhydeの呼び込みで再びステージに登場。『Sex Blood Rock N’ Roll』を一緒に歌うという、ジョイント・ライブでしか見られない貴重なパフォーマンスも披露した。 既に音楽業界内部ではまれに見る逸材として評価が高まっているASH DA HEROだが、このライブを体験したオーディエンスの心にも確実にその名を刻んだことだろう。 今後の彼の動きに是非注目して欲しい。 撮影: KAZUKO TANAKA