カメレオ×よゐこ濱口“禿夢” 噂のネットバラエティ番組の2回目が決定!
ヴィジュアル系の枠を超えて様々な活動を続けるエンターテインメント集団“カメレオ”と、よゐこ濱口率いるブジュアル系(エア)バンド“禿夢”のネットバラエティ、「禿夢×カメレオ 新感覚ネットバラエティ 禿レオ」初回スペシャルが先月10月10日に放送され、総視聴者数 5万5372を超える数字を叩き出し、一気に人気番組と肩を並べるほどの注目度を集めた番組の第2回目の放送が11月21日(土)21時からに決定した。 初回は、1時間30分のスペシャル放送でお届け。内容を振り返ると、番組開始からエンジン全開で挑んだメンバーは、背景をCG合成により変えることが出来るという新感覚ネットバラエティならではの演出で、初公開となるTakashiのスタジオなど様々な背景が映し出された。メイン背景には家族に怒られながらも撮影したコウタロックの家の写真が採用され、視聴者の(かなり過激で日常生活に全く役に立たない)疑問にメンバーが全力で体を張って答えていく企画、僕らには“知恵”が無いが“全力”がある!「 禿レオの全力袋」がスタート!HIKARU.がガムテープで梱包された段ボールの中に入り脱出できるか挑戦したり、全員でコーラを飲みながらゲップが出るまでどこまでしりとりを続けられるかを検証したりと、地上波ゴールデンタイム顔負けの展開にスタジオ内も爆笑に包まれる。 「腕相撲の最弱王」では対戦相手がおらず、昨日の自分とエア対戦したETチャンが昨日の自分に惨敗し、そのETチャンと対戦したTakeshiは肩をもっていかれ(そもそもETちゃんは弱くない)、キクとの最終決戦へ。とはいえTakeshiも弱くはないので、圧巻の試合運びでキクを圧倒。最後はたまたまスタジオにいた女性にも完敗したキクが見事に最弱王に輝いた。その他、シュノーケルをしながら熱々のカップラーメンを食べられるかチャレンジでは“ラーメンは食べられるが太いうどんは無理”という結果を全力で提示。そして、「効きオムツ」では予想を超える展開にコメント欄が炎上する事件が起きる。リスナーの疑問に答えるためにタカマサとTakeshiがヴィジュアル系とは思えないオムツを履いた姿を全力で披露したところ、2人の新感覚すぎる姿(もはやアウト)にコメント欄が賛否両論。それに反応したカメレオの事務所スタッフが急遽Takeshiにストップをかける。今まで何に対しても体当たりで向かっていたTakeshiは悔しい表情を滲み出すことに。カメレオ初のNGが「オムツを履く」というのもカメレオらしいといえばカメレオらしいが(笑) 本放送後のアメスタのアプリ限定配信ではヨシユキから「我々禿レオは、もう二度と(番組で)オムツを履きません」と一同心を一つにし、一番怒られなかった段ボール脱出でKouichiが新記録である16秒を叩き出すと、最後はヤスとDisukeがこの日出来たお約束の段ボール芸で番組は大盛り上がりの中、初回放送が終了した。 初めてカメレオを見たのがこの番組だとしたら、現役芸人との全力でぶつかりあう掛け合いに、彼らがバンドマンだという固定概念は吹き飛んでしまうだろう。しかし、「ハッピーな空間を創る」とこに全力で挑み、メンバー自身が何よりそれを全力で楽しむというカメレオの信念は、楽器を持っている時も、5人で踊り歌う時も、このバラエティ番組を通じて笑いを提供することも、表現方法の一つなのだと感じさせられた。そんなメンバーの想いは、皆を笑顔にする禿夢との生放送で強力な化学反応を起こしていくはずだ。 11月21日(土)21時から放送される第2回目の放送では、今度は一体何が起きるのか!?それまで初回放送が期間限定でアーカイヴ配信されているので、まだこの新感覚を味わっていない人はそちらも楽しんで欲しい。