池袋に初雪?! Dream新曲キャンペーンでツリー点灯式に参加
12日、E-girlsの中心グループとして活躍するDreamが池袋のサンシャインシティのアルパ地下1F 噴水広場で、クリスマス点灯式イベント「Sunshine City× KONICA MINOLTA TWINKLE STAR CHRISTMAS 2015「Twinkle Aurora Tree点灯式」に参加。当日、約3000人の観客を動員した。 本イベントの目玉となる今年のクリスマスツリーは、南極がテーマ。過去最大級となる16メートルのツリーのサイドには、南極をイメージした青と白の光り輝くペンギン像が並べられている。吹き抜け部分を最大限に活用したゴージャスなオーガンジーのオーロラとその裾で輝く雪とまるで光の川のようなイルミネーション、そして噴水が作り出した真っ白で幻想的なクリスマスツリーは本格的な冬の訪れを感じさせる。 そして、スペシャルゲストとしてDreamとサンシャイン水族館からペンギンのマリオくんとだいすけちゃんも参加。ペンギンカーに乗ってよちよち歩く愛くるしい姿に会場はより一層の盛り上がりをみせた。 Dreamは、本イベントでニューシングルの代表曲である『ブランケット・スノウ』とカップリングの『I love dream world~世界中のしあわせを歌おう~2015』をパフォーマンス。本作『ブランケット・スノウ』はこの季節ならではの心温まる冬のラブソング。タイトルのブランケットは“温かさと幸せ”の象徴であり、この季節だけが演出してくれる白銀の舞台(雪景色=Blanket of Snow)の意味も持つ。 Dreamのライブステージでは楽曲の大サビの「Blanket Snow 粉雪が舞い踊るたびに 二人の距離は縮まりあたたかくなっているわ」という歌詞通り、都内で初雪を降らし「白銀の世界=Blanket Snow」という自身の楽曲の世界観を幻想的に表現した。 また、E-girlsとしても12月23日にグループ初のクリスマスソングとなるニューシングル『Merry×Merry Xmas★』をリリースする。『ブランケット・スノウ』とはまた一味違う『冬』ソングに注目してほしい。 (本人コメント) 【点灯式の感想は?】 Aya 「綺麗なオーロラのツリーの前でパフォーマンスするのは初めて。お客さんと一緒に、今日冬のスタートを迎える事が出来たので嬉しかったです。」 【イルミネーションにまつわる思い入れ】 Aya 「Erieと二人で遠いところまで見に行きました。 イルミネーションはカップルで見に行きたい、と思うけど残念ながらそんな思い出はないです。(笑)メンバーとはよく見に行きます。」 Sizuka 「イルミネーションの思い出が残念ながらないんですよ。 これからたくさん思い出を作っていけたらいいなと、毎回イルミネーションを見るたびに思います。」 【理想のイルミネーションデートは?】 Ami 「イルミネーションで有名なところに見に行きたいです。 日本で一番電球を使っているところに。(顔を赤くしながら)そこで「電球の数に負けないくらい君への想いはいっぱいだよ」と言われてみたいです。」