VAMPS ZEPP TOKYOからツアースタート
VAMPSが「VAMPS LIVE 2015 -2016 JOINT 666 (ジョイントスリーシックス)」を11月12日(木)、ZEPP TOKYOからスタートさせた。 今回のツアーは“JOINT 666”と名打つ通り全公演JOINT ACTがオープニングを務める。初日を務めたのはMY FIRST STORYだ。オープニングを45分、そのフレッシュかつエッジの効いたパフォーマンスで会場を熱くした。 そして、いよいよVAMPSの登場だ。 幕が開くと、中世ヨーロッパ教会の礼拝堂をイメージしたステージにVAMPSが降臨。重厚な『JESUS CHRIST』からスタート、まさにこれから享楽で邪悪、かつ崇高な“ミサ”が始まるかのような異様な高揚感が会場を包み込んだ。続く『LIPS』からは、この瞬間を待っていた“BLOODSUCKERS”(=ファン)たちが弾けたようにフロアを揺らす。 HYDEは「会いたかったぜ!!!気持ち良くしてくれよ、BLOODSUCKERS!!! Are you fu**in’ ready!?」と煽る。『GHOST』までの激しいヘヴィ・グルーヴから一転、『VAMPIRE’S LOVE』のピアノのイントロが流れると、神聖な空気に会場は一瞬にして変わり、儚く叙情的なロック・バラードが響いた。 続く『VAMPIRE DEPRESSION』を終えると、HYDEは「始まっちまったな。ジョイントスリーシックス。毎日バンドの人呼んで、3Pみたいな、どっちが良かったなんていうプレイ・・・刺激的なライヴにようこそいらっしゃいました!楽しもうぜBLOODSUCKERS!!!」とコメント、再びアルバム『BLOODSUCKERS』からの「ZERO」で後半へと突入した。新旧代表曲が矢継ぎ早にパフォーマンスされ、“BLOODSUCKERS”のエンドレスに押し寄せる高波のようなダイヴが続き、会場の興奮はピークへ。 アンコール中、HYDEが、「K.A.Zさん意気込み聞いていいですか?」と聞くと「ツアー久しぶりだよね。また帰ってこれてすごく楽しいです」とK.A.Z。HYDEも「ホームって感じだよね」と愛着のある会場に触れた。 『SEX BLOOD ROCK N’ ROLL』の鋼鉄のパーカシヴなイントロがラストを告げると、MY FIRST STORYのHiroもステージにジョインし文字通り大団円を迎え、HYDEの「明日も首洗って待ってろよ!」というシャウトとともに幕が閉じた。 「VAMPS LIVE 2015 -2016 JOINT 666」は、明日以降JOINT ACTをMONORAL、ASH DA HERO、海外からはHIMを迎えて東京全6公演、大阪公演では、海外からNOTHING MORE(12月12日、13日の2日出演)を迎えて行い、2016年を迎えると名古屋公演を朋友のフィンランドロック・バンドApocalyptica(1月13日、14日、16日、17日)、追加公演を、福岡、札幌と行う。 なお、VAMPSは、Apocalypticaとの強力コラボ配信シングル『SIN IN JUSTICE』(全世界11月20日同時配信)、そして5月31日さいたまスーパーアリーナ公演を収録した『VAMPS LIVE 2015 BLOODSUCKERS』(2015年12月9日発売)をリリースする。このタイミングでニュービジュアルが公開された挑発的な表情のHYDEとギターを持ちクールにたたずむK.A.Zという好ビジュアルだ。