スキマスイッチ 絶妙トークとモノマネに2,000人が大興奮!
11月11日(水)スキマスイッチが東京・ゲートシティ大崎にて、約1年ぶりとなるニュー・シングル『LINE』発売記念フリーイベント、「スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!!-出張編-」と題して、前作シングル『星のうつわ』に続き、今作シングル『LINE』にも収録されている架空のラジオ番組「スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!!」の公開イベントを開催した。 360度観客が取り囲む超満員の会場にスキマスイッチが登場。番組テーマソング「ミッドナイト・グッドモーニン!!のテーマ」が流れ、二人のタイトルコールで、“架空のラジオ番組”はスタート!ステージ上はお馴染みの“最新マシーン(竹筒で出来た流しそうめん機)”から、トークのお題が書かれた、カプセルが流れてくる。“もしも二人が女の子だったら「抱かれてもいい有名人」は?”などの問いに軽快なテンポで答えてゆく。 続けて転がってきたお題に書かれていたのは、“アントニオ猪木さんで新曲『LINE』を歌って!”の指令。アントニオ猪木のモノマネで必死に『LINE』を歌おうとする大橋。会場は爆笑の渦につつまれた。「今日、(新曲の)発売日なんで、ちゃんと、歌ってもいいですか?」と、今の“全力少年”ともいえる、不器用ながら未来へと向かう主人公を描いた熱いロッカ・バラード、『LINE』を歌いあげた。 その後も、“日本一早いスキマスイッチ的「今年の漢字」”を発表するなど、トークにも定評のあるスキマスイッチの“絶妙な駆けあい”が続いてゆく。 イベントも終盤戦、転がってきたお題は時の人、“ラグビー日本代表 五郎丸歩選手の「五郎丸ポーズ」ならぬ、こっそりやっている歌う前の集中には欠かせない「卓弥ポーズ」を見せて!“。大橋がライブ前の楽屋の様子をパントマイムで披露し、スキマスイッチ的「今年の漢字」で“五”を発表した常田が“五郎丸ポーズ”をモノマネ、続けて、「第95回全国高校ラグビー大会」大会テーマソングに起用されている新曲『ハナツ』を披露した。 最後は、カプセルからの指令で、“全力じゃない無気力な「全力少年」”ではじまり、曲の後半ではいつも通りの“力強い「全力少年」”へと盛り上がりを見せ、会場はアットホームな雰囲気で、集まったファン2,000名は普段見ることのできないラジオトークの雰囲気を楽しんだ。 番組終了後、オーディエンスの興奮が冷めやらぬ中、再びスキマスイッチが登場し、ハイ・タッチ会がスタート。終始、笑顔のたえないイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。 今週末11月14日(土)は関西・あべのキューズモールにて、同様のニュー・シングル発売記念フリーイベントを行う。