アンジュルム竹内 所持金が48円も「温かいケータリング」で売れている実感
人気アイドルグループ・アンジュルムが新曲『出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし』を発売。   初期メンバーである福田花音が、11月29日に開催される日本武道館公演での卒業が決定している。福田としては、今作がラストシングルとなる。   和田彩花は『出すぎた杭は打たれない』を「ハロプロ史上最速の楽曲」と紹介。『ドンデンガエシ』については「やっと、大逆転できる歌詞になっていて嬉しいです!」とコメント。また、卒業する福田花音が念願の作詞家デビューを果たした『わたし』についてのエピソードでは福田が「もう歌うことがあまりないのかと思うと寂しくて、家でシクシク泣いている」と話し、更に驚きのエピソードを!なんと、作曲家の「泰誠」の名前が誰だかわからずに近くにいたシャ乱Qたいせいに聞いたら、「俺やで」と言われてしまったというマル秘エピソードを話すと報道陣も爆笑。   また、福田は今回の楽曲でダンスが激しすぎてメンバー達が練習でバタバタ倒れる中で自分だけは倒れなかったと話す。しかし、メンバーより「歩いて移動しているんですよ!」と総ツッコミ。その理由として「普段取材でブス顔を撮られることがあるので、今回は綺麗に映るように先生に許しを得た」とまさかの理由を告白しメンバーを驚かせた。   色々あったこの一年、中西香菜は「私が付けさせて頂いた「アンジュルム」という名前に改名させていただいて、ファンの皆さんに受け入れられていないのかなと思っていたのですが、最近はアンジュルムがスゴく浸透してきたと思いまして、嬉しいです」と振り返る。竹内朱莉は「今年は売れてきていると思います!MV撮影の時に、温かいケータリングでお弁当が出たんです!ジワジワ来ていますね、サプライズです」と大興奮。アンジュルムといえば、スマイレージ時代よりコンサートやイベントでも冷たいお弁当が出ると常々メンバーから言われてきていた。やっと温かいご飯が食べられると大興奮だが、そんなメンバーを見て卒業する福田は「不安はないんですけど、程々にしないと芸能界から干されちゃうよ」と真顔で助言していた。   そして竹内朱莉は、なぜか会見で恒例となった所持金チェックを行われ「今日はなんと48円です!」と話すとメンバーから普段は綺麗な長財布を使っているのに、「イベント等になると急にビリビリの財布に変えている」とビジネス貧乏疑惑が浮上。前回も27円と話していたが、本人は「長財布の方は小銭入れに穴が開いているので、皆さんの前に出る時は使っていない」と必至で弁明。果たして真相は?