AKB48劇場「田中将大公演」内容の濃さにメンバーも驚き
AKB48によるニューヨークヤンキース・田中将大投手考案の特別公演「僕がここにいる理由」が開催された。 AKB48 を愛する著名人考案のセットリストによる特別公演。落語家・春風亭小朝師匠による「イヴはアダムの肋骨」公演、サッカー元日本代表・岩本輝雄氏の「青春はまだ終わらない」公演、ジャーナリスト・田原総一朗氏の「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演、そして第 4 弾(著名人考案 公演ラスト)となるニューヨークヤンキース・田中将大投手考案による「僕がここにいる理由」公演となる。 田中投手が「この子達の公演が観たい!」と厳選したメンバー16 名のセンターを務めるのは、次期総監督の横山由依。「田中48 が始まりました。総監督というと野球のイメ ージがありますので何か 縁があるのかなと思います。この公演で改めて 劇場がすごく大切なんだということを再認識できたので、ファンの皆さんにもそう思っていただけるように、みんなで一生懸命がんばりたいと思います。」と 意気込みを語った。 ユニットでは意外な組み合わせが。『君はペガサス』では、普段かわいらしい曲が多いイメージの加藤玲奈に対し、意外にも男装風なかっこいいダンス に「ギャップ萌え」したと高評価が。また、パフォーマンスを得意とする田野優花がダンス曲として人気の『エンドロール』をやるのが初めてということにメンバーも驚き。そして、アルバム『ここがロド スだ、ここで跳べ!』収録の『友達でいられるなら』や、ノースリーブスの楽曲『青春の木漏れ日』など、 歌詞が心に染みるものが多く、ファンのみならず、メンバー自身も普段とは違うセットリストに新たな発見や驚きのある公演となった。 公演最後には、出演メンバー全員のサインが書かれたサインボールを投げ、「ストライク!」という 会場からの合唱により田中将大投手考案「僕がここにいる理由」公演初日は幕を閉じた。 【田中将大氏コメント 】 Q.「メンバーについて」選定で苦労した点や注目ポイントなどがあればお教え下さい A. この子達の公演が見たい!という想いで選びました。 Q.「セットリストについて」楽曲を選ぶにあたり意識された所、苦労した点などがあればお教え下さい A. 好きな曲の中から自分なりにバランスを考えて組み立ててみました。 Q.「公演名について」なぜこの名前を付けられたのかなど理由をお教え下さい A. みんなにとっての原点を思い出すような公演になればいいなと想いこの公演名にしました。 【横山由依コメント(ゲネプロ後の囲み取材に応じて) 】 「田中投手に選んでいただいたメンバーが、これからのAKB48を作るのに大事になっていきそうなメンバー が多くて、この公演をこのメンバーで今のタイミングでやらせていただけるのは、すごく意味のあることだと思うので、1回1回噛み締めてやっていきたいと思います。このタイトルのように、ここ(劇場)が原点ですし、ここが大事で、ここからもっと羽ばたきたいなと改めて思 いました。 会いに行くアイドルとなって、ニューヨーク公演をやらせていただきたいですね。」 写真(C)AKS