RENO(ex.ViViD)「まだ見ぬ新たなヴォーカリストとチャレンジしたい」
今週11月4日に自身初となるギターインストアルバム『UNIVERSE』をリリースしたばかりのRENO(ex.ViViD)が、11月6日、OSAKA RUIDOよりツアーをスタートさせた。 この日を待ちわびたファンの前にRENOが登場すると、久しぶりのLIVEに会場の熱気も一気にヒートアップ。RENOはアルバムのテーマである「GUITAR LIFE」という名の通り、LIVE序盤から自身のギターテクを惜しみなく披露していく。 サポートギターにはバンド時代の盟友・RYOGAを迎え、激しいロックナンバーから、ギターで歌い上げるバラード曲まで、抜群のコンビネーションを魅せる。 MCでは時折笑いを交えながら、アルバムを届ける事が出来た喜びを語ったRENO。このツアーに先駆けて発表されたロックヴォーカリストオーディションについても触れ、「まだ見ぬ新たなヴォーカリストとユニットを組んで、ギターインストとはまた違う”唄”の音楽でもチャレンジしたい」という決意を改めてファンの前で誓った。 アンコールではこの日の為に用意したという新曲も披露し、約2時間に渡る超絶ギターインストLIVEは幕を閉じた。この後の公演11/7@名古屋、11/27@東京もぜひチェックして欲しい。 また、Epic Records JapanとPS COMPANYが開催するヴォーカルオーディションの詳細も明らかになった。 応募資格は15歳~29歳までの男性限定となるが、グランプリはRENOとユニットでEpic Records Japanよりメジャーデビュー、また、人気アパレルブランド「CIVARISE」のサポートが決定。準グランプリは、Sony Music SDグループのバックアップのもと、育成契約、デビューサポートのチャンスが待っているというもの。 2015年12月20日(日)まで、郵送・WEBによるデモテープ受付が行われ、 ここを通過した候補者を対象とした2次歌唱審査は2016年1月から2月にかけて、全国5大都市で行われる。 1月23日(土)関東・東北エリア@東京 1日目 1月24日(日)関東・東北エリア@東京 2日目 2月6日(土)関西エリア@大阪 2月7日(日)中部エリア@名古屋 2月20日(土)九州・沖縄エリア@福岡 2月28日(日)北海道エリア@札幌 そしてファイナルライブ審査は3月21日(月・祝) 東京・渋谷 ルイードk2で行われる事が決定。 我こそはという全国の男性ヴォーカリスト、ぜひこのチャンスにかけてみて欲しい。詳しくはオーディションHPをチェックしてみよう。