NMB48 山本彩がギター好きすぎると話題に
NMB48不動のエースであり絶対的な大黒柱の山本彩。いまや、AKB48グループの中でも一二を争う人気のメンバーだが、そんな山本彩だが、ギターが好きすぎて話題となっている。 Twitterにて、休日にギターメーカーGibsonのショールームへ通った事を明らかにした。AKB48の選抜としても超多忙を極めるであろう山本彩。そんな彼女がたまの休みにギターのショールームに足を運んでいるのだから相当なギター好きだろう。ちなみに、山本彩は過去にもこのショールームに足を運んでいることが、Twitterで報告されている。 それもそのはず、元々はNMB48へ参加する前にはガールズバンドMAD CATZとして活動。最近では、アコギやエレキを抱えて歌唱している姿をよく見かける。現在はメインで使っているギターはPRS(ポール・リード・スミス)。憧れのギターをロックの象徴であるギブソン・レスポールとインタビューでも話しているほどにロック女子なのだ。 老舗のギター雑誌「ギター・マガジン」では、ロックレジェンドである横山健と真剣な対談をしたことでロックファンからの認知も上がっている山本彩。 秋元康氏からも「山本彩に「曲を作りなさい」と、ずっと言っているのですが、なかなか作りませんねえ。恥ずかしいのかなあ。山本彩が作詞・作曲した曲、聴きたいですよねえ?」と言われているほどに音楽の才能を買われている。 様々な大物ミュージシャンとの共演でメキメキとミュージシャンとしての実力を上げている山本彩、これからの活躍が期待される。 写真(C)NMB48