アンジュルムの楽屋は「食べ物の匂い」乃木坂46生放送で裏側話す
乃木坂46松村沙友理と中田花奈がMCを務めるニコニコ生放送「生のアイドルが好き」へ、アンジュルム和田彩花、福田花音が出演した。福田花音は11月に卒業を控えている。 番組は、乃木坂46ユニット・ サンクエトワールから北野日奈子、寺田蘭世、中元日芽香、堀未央奈が出演。前半部分の約1時間、トークとゲームで盛り上げた。 そして、アンジュルムの二人が登場。番組は冒頭からアンジュルムの二人がトーク全開。 「ファミレスのドリンクバーにメンバーでずっといられる」という話や、泊まりの仕事の際には、福田花音が後輩たちと一緒のベッドで寝ていた時もあったという話など普段は聞けないアンジュルムの裏側を披露した。 和田曰く「気持ち悪すぎるくらい仲良し」というアンジュルムのメンバー達。ファミレスでは仕事の話をしようと入店するが結局いつもふざけてしまい他の客から怒られて退店しているというエピソードや、宿泊の際には福田のイビキがうるさくて後輩から部屋に帰ってくださいと言われているなど仲の良さを見せつけるトークが続いた。 トークは香水の話から「匂い」について。アンジュルムの楽屋が「食べ物の臭いがする」と、いつも色々な匂いが充満していて臭いと話すと、乃木坂の楽屋はいい匂いがしそうとアンジュルムの二人は話すが「乃木坂の楽屋も食べ物の臭いがする」と中田花奈から意外な答えが。 また、福田花音は松村沙友理が大好きで、画像を保存してしまうほど。一度、メイクさんに松村のようにして下さいとお願いをしたことがあるというが「目がちっちゃいからムリ」と言われてしまったという。 美術や仏像が大好き過ぎて書籍も出してしまっている和田は、美術の話を振られると大好きな「マネ」の話をマシンガントークで延々と話す。3分以上たったところで話を打ち切られるも「まだ序章なんですけど」と話し足りない様子…目が活き活きとしていた。 そして握手対応が「独特」だと話題の福田。この番組ではお馴染みの中田花奈扮する「カナヲ」と擬似的な握手会を開くが、アイドルの握手ではあまり見られないドSな「塩対応」に普段はアイドルを困らせるカナヲもタジタジ。新鮮な握手対応に乃木坂46の二人も感心していた。 もう一つこの番組の名物企画である「さゆりんごのおさわり占い2015」。松村がアイドルのガラダを触って占いをするのだが、「なんだかイヤラシイ」と話題の企画。和田は突然、「私のここ(右腕の裏)がサンマのお腹みたいなんです」という謎のアピール。松村好きの福田は二の腕を触られ喜ぶなど期待通りの展開に。ただ、占いの方は微妙なものだったが…。 アンジュルムの前では語られなかったが、中田はアンジュルムのスマイレージ時代からの大ファン。アイドルに疎い松村もそんな影響からアンジュルムの二人が好きという相思相愛だった今回の撮影。福田も卒業前に、大好きな松村との共演に大満足した表情が伺えた。 乃木坂46がMCのアイドル番組「生のアイドルが好き」【ゲスト:乃木坂46 / アンジュルム】