藍井エイル 初披露尽くしの初武道館ライブに8000人が大熱狂!
先月10月28日(水)にGLAY・HISASHIが作詞・作曲を手掛けたロックチューン『シューゲイザー』を発売したばかりの“藍井エイル”が、11月2日(月)に自身初となる日本武道館ワンマンライブを行い8000人のファンが集結。 大盛況の内に幕を閉じた。今年の7月からパリを皮切りにスタートした世界ツアー「Eir Aoi ROCK THE WORLD 2015」は、ロンドン、サンフランシスコ、フィリピン、そして台湾・香港での単独公演を成功させ、日本公演として日本武道館での初ワンマンライブとなった。 MCでは、「デビュー前からいつか武道館でワンマンライブを行いたいと胸に秘めていました。とっても嬉しいです」と感慨深く語り、GLAY・HISASHIによるプロディース最新シングル『シューゲイザー』をレーザーを駆使したド派手な演出で初披露! 更に、TVアニメ「ソード・アート・オンラインⅡ」OPテーマとして大ヒットを記録し、今年初出演を果たしたテレビ朝日系「ミュージックステーション」でも大きな話題となった『IGNITE』は、音玉&ファイヤーボールの演出で会場のボルテージは最高潮に。 そして藍井エイルの新たな代表曲とも評されているTVアニメ「アルスラーン戦記」EDテーマ『ラピスラズリ』で本編ラストを締めくくった。 アンコールでは、今まで披露してこなかったデビュー曲 『MEMORIA-orchestra ver.-』をスペシャルな演出として初披露。まさに初披露尽くしの日本武道館ライブとなった。またこの日はサプライズ発表も。 2016年に発売予定の人気ゲーム「デジモンワールド-next 0rder-」の主題歌を担当することが決定したことや、来年3月よりスタートする全国16都市をまわるライブハウスツアーを発表し会場を盛り上げた。 藍井エイル旋風は留まる事を知らない。来年も更に大きく飛躍することは間違い無さそうだ。 なおこの世界ツアーは今後、12月6日にメキシコ、来年1月9日には先日延期となったシンガポール公演が予定されており、自身の世界ツアーを締めくくる。