TPD アイドルを超えた圧巻パフォーマンス!ダンスサミット完遂
9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(以下TPD)が、2015年11月3日(火・祝)、shibuya duo MUSIC EXCHANGE(東京都渋谷区)にて、9月のワンマンライブの追加公演「東京パフォーマンスドール~ダンスサミット ネイキッドSP 2015秋~」(1部:開演13時/2部:開演17時)を開催した。 この日(2部)まずは、妹分のTPD DASH!!(7人組ガールズグループ)が登場し、元気いっぱいに『どんがらがっちゃん!大行進』や『バッド・ディザイヤー』など全4曲を披露し、オープニングを華やかに飾った。 そしてTPDは1曲目より新曲『TIME』を惜しみなく初披露。振付師HIDALIによる時計を彷彿させた独特のフォーメーションダンスと、エッジの効いた疾走感あふれるサウンドが織りなす世界観は、新たなTPDの開幕を告げるようだった。更に、『FIRE』『BE BORN』『東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ』『MY UNIVERSE』と立て続けに、攻撃的アッパーチューンを冒頭にもってき、またたく間に会場はヒートアップ。これまでのセットリストの組み方と大幅に違うあたりが、未来への明るい期待感を募らせる。 中盤では、緩急をつけた豊富なユニット曲を立ち替わりパフォーマンス。ここで、DEEN池森秀一プロデュース・作詞の新曲・ミディアムバラード『ふたりのストーリー』を、浜崎香帆(18)が伸びやかに歌い上げた。そしてこの日、生誕イベントも兼ねていた小林晏夕(16)はソロ曲『月に吠える』でファンを魅了する。 お返しにといわんばかりに、ファンからはサプライズで用意された紫色のサイリウムで応え、会場は一体感に包まれた。さらに、先代TPDのレパートリー曲「キミはボーイフレンド」を脇あかり(17)が初披露し、ポップでキュートに蘇らせた。この時点で、すでに多幸感でいっぱいの気持ちになる。 「後半戦、まだまだこれから盛り上がっていくぞー!」と力強い煽りをリーダー高嶋菜七(18)がいれると、そこからは怒涛の熱量が放出される。『SURVIVAL!!』『SLASH DANCE』やシングル曲『DREAM TRIGGER』など、アイドルを超えた圧巻のライブ・ダンスパフォーマンスで観客を興奮の渦に巻き込んだ。全25曲(アンコール3曲含む)、約90分、MCを挟まずにノンストップで歌とダンスを繰り広げた唯一無二の“ダンスサミット”がここにあった。 ライブ後には、小林の少し早目のバースデーを祝う(飯田桜子がデザインしたバースデーTシャツを着用し)お手紙コーナーが設けられ、メンバーを代表して高嶋がメッセージを送った。「私がくだらないことを言ったとき、いつもクスクスと笑ってくれてありがとう。スベったときの私の心の支えです」と会場の笑いを誘う。そして「格好良くてセクシーなパフォーマンスでみんなを魅了していってください」とエールを送った。そんなライブでは見せないアットホームな雰囲気がありつつも、次の新たなステージが発表された。 2016年2月19日(金)RED、2月20日(土)GREEN、BLUEと、カラーが異なる3公演「東京パフォーマンスドール ダンスサミットネイキッドSP2016 〜R・G・B〜@Zepp DiverCITY TOKYO」を開催することが決定した。この三原色の光が重なったとき、TPDのイメージカラーでもあるWHITE(白)が生まれ、真の姿が見られるというもの。いったいどんなステージを魅せてくれるのか、今から楽しみでならない。無料のメールマガジンにて11月15日(日) まで先行抽選受付(申し込みは以下より。学生・女性チケットもあり)があるので、いち早くチケットをゲットし、新生TPDの全てを体感してほしい。