Fカップ小説家今野杏南 次作品は「マネージャーとグラドルの恋」
肉好きのグラドルが集まったグラビア肉食部のメンバーでもあり、さらに小説家の顔を持ったグラビアアイドルの今野杏南が、16枚目となるDVD『あんな小説家』(竹書房)の発売イベントが、秋葉原で行われた。 本作品は8月にサイパンで撮影。常夏の島で行われた撮影だが、内容はインドアな感じで、小説家をテーマに物語は展開していく。「最初に小説家になる面接をするんですよ。そこでなぜか水着になってセクシーなポーズを取ったりしました。」と説明。 実際に小説も書いている今野だが、本来の自分とはちょっと違う感じのカッチリとした小説家という女の子の設定だったそうで、その違いにちょっと戸惑いもあったそうだ。そこは実際とのギャップも楽しめるので、見どころでもある。 昨年『撮られたい』という小説を発売したのだが、すでに第2弾を書き終えたという。「11月4日の午前11時から携帯小説投稿 サイトの「E★エブリスタ」と「エブリスターウーマン」で連載をスタートすることになりました。まず3章まで公開をされます。毎週更新する予定になっています。タイトルは『水魚の交わり』でマネージャーさんとグラビアアイドルの関係について書きました。実体験とかは入れないで、エロい話しもありますけど、完全な恋愛ストーリーで女の子がドキッとするような内容になっています」とアピールした。 今後はグラビアのみならず、小説家としての活動も盛んになると思われる今野、Fカップ装備の小説家の先生としてもますます目が離せなくなること間違い無いだ。