いきものがかり 結成日サプライズライブ失敗に終わる?
2015年11月3日(火・祝)昼12時過ぎ、ラゾーナ川崎のグランドステージ前には人だかりが出来ていた。 「いきものがかりが13時からラゾーナ川崎でミニライブ&特典会を行う!?ホントに???」この日の朝10時にCDショップ大手「HMV」ホームページにあがった情報を観た方が集まりだしたためだ。確かにHMVのホームページにはそう情報が出ている。 だがHMV側に問い合わせたところ、何も知らないとのこと。その真偽を確かめようと半信半疑の中、集まった人は次々にSNS等で情報を拡散、次第に多くの人が集まっていった。 実はこの日、11月3日はいきものがかりが1999年に、それまで水野良樹・山下穂尊の男子2名で活動していたが、“同級生の妹”吉岡聖恵が加わって3人となった日、いわば“結成日”であった。 そして最新シングル『ラブとピース!/夢題~遠くへ~』のリリース日でもあったため、完全サプライズで、その“結成”の瞬間を再現するライブイベントを行う予定だったのだ。 サプライズだからこそ楽しめるような段取りであったのだが、残念ながらニューシングルを会場にて販売予定だったHMV側から情報が漏れ、13時の段階では多くの人が会場へ集まっていた。そこで、本来は14時サプライズスタートを予定していたが、 長らく待っているファンの方々を見て、いきものがかりは少しでも早く始めようとステージへ向かった。 サプライズのため、何の呼び込みもなく、ステージに上がる男性2名。どことなく変装しているように見えるが、どう見てもいきものがかりの水野と山下。沸き起こる歓声。そこで、サプライズがもうバレてしまっていることを逆手にとって、水野がことのいきさつを説明する。「すいません、僕たちサプライズライブをやるつもりでしたが、ばれてしまいました。でも予定通りやるのでよろしくお願いします!」と面白可笑しく言う水野。あくまで、いきものがかりではなく、○○がかりと主張。そして、16年前、当時路上ライブでよくやっていた、“ゆずの『ねこじゃらし』”を披露。 大歓声の中、「新メンバーを紹介します。同級生の妹です!」と吉岡を呼び込む。するとこちらも“変装した”吉岡が登場。16年前同様、水野には「久しぶり!」、山下には「はじめまして!」とごあいさつ。そして、まさに当時初めて3人で披露した“ゆずの『夏色』”を披露。久しぶりの“路上ライブ”で、非常に楽しそうな3人組、でもまだ○○がかり。歌い終わると水野が「では、16年の時を超えます!」というと3人が変装を解く。「どうも、いきものがかりでーす!」会場は拍手喝さい大盛り上がり。 さらにデビュー曲の『SAKURA』を披露して盛り上げる。なぜデビュー曲なのか!?なぜならデビュー曲リリースから丸10年、2016年3月15日デビュー10周年記念日に、ベストアルバム『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』が発売となるとのこと。初めて水野からこのことが世に告げられた。ちなみに“10年”と“天然記念”をかけて“てんねん”としています。 ビッグニュースに驚く観客の皆さんと記念撮影をし、最後は路上ライブさながら、水野が当時作っていたチラシの雰囲気そのままに、前出のベストアルバム『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』の手書き告知チラシをメンバー3人で配布し、イベントは終了した。 終了後、いきものがかりの吉岡は「サプライズライブ、ばれてしまったけど、たくさんのお客さんの前で、久しぶりに路上ライブみたいなことが出来て、とっても楽しかったです!」と興奮気味に話していた。