ジャズピアニスト高木里代子のラムちゃんコスがセクシーすぎて困る
自身のSNSで『「人生は楽しく。(笑)」ラムちゃんだったっったっちゃーー』というタイトルでハロウィンをアニメ「うる星やつら」のキャラクター「ラムちゃん」の仮装をして演奏を行ったと綴っている。 この他にもティンカーベルやバニーガールなど、聞くだけでも露出が高いことが伺えそうな衣装に挑んだという。 自身の展開するSNS内で「こんなピアニストで本当ごめんなさいw」「イイ歳こいてもっとごめんなさいww」とコメントしているが、十分にハロウィンを楽しんだようだ。 高木里代子は、4歳からピアノ始め、慶応大学在学中からライブハウスを中心に活動を開始し、昨年には世界的ギタリストのリー・リトナー主催のコンペで、昨年ピアノ部門世界第4位に入賞した実力派。 昨今では東京国際フォーラムで開催された東京<JAZZ FESTIVAL>に出演を果たし、各WEBニュース媒体にこぞって取り上げられている。 今後もセクシーさ全開でジャズ界に新風を巻き起こして欲しい。