絢香 マイクを使わないで魅せた圧巻のパフォーマンス
11月2日、絢香が自身”初”となるスピーカーやアンプ等の機器を一切使用しないマイクを使わない”No PA”ライブ『絢香 Premium Live』を浜離宮朝日ホールにて開催した。 今回のライブは、今年4月に発売したアルバム「レインボーロード」の商品の中にランダムに400枚限定でプラチナチケットを封入しており、購入した際に幸運にもそのチケットを手にすることができた限られた人が参加することができるというプレミアムライブ。 昨年10月、広島で行う予定だったコンサートが台風で中止になり、”また必ず戻ってくる”という想いを込めて、当日の誰もいない会場で『みんな空の下』を客席に向かって歌った動画をアップしていた絢香。その時感じた“自分の声をそのままの形でファンに届けたい”という想いが、今回のNo PAでのライブの実現に繋がった。 さらに会場もそのパフォーマンスに相応しい特別なものにしようと、クラシック専用ホールとしてアメリカ物理学会が出版した「How They Sound ~Concert&Opera halls」という格付けで、ニューヨーク・カーネギーホールに並ぶ“Ecxellent”の評価を受け“世界第9位”の会場と称された日本を代表する クラシックホールである浜離宮朝日ホールで行うことに決定した。 ライブ当日、クラシックホール特融の緊張感漂う空間の中に登場した絢香。それと同時に湧き上がる観客からの歓声。 そして1曲目の『The beginning』のピアノのイントロが始まるや否や、先程の歓声から一転、彼女の生の歌声を一瞬も聞き逃すまいと会場中が息をひそめ、さらにライブが進んでいくにつれその優しくも力強い歌声に皆が魅せられていく。 最後にはピアノすらも使用せず、自身の代表曲の一つで今回の“No PAライブ”を行うきっかけとなった「みんな空の下」をアカペラで披露。その圧巻のパフォーマンスに、全てを歌い終えた瞬間、鳴り止まぬ拍手と歓声で包まれ、まさに会場中が一つとなった。 絢香は今月末から全9ヶ所12公演の全国ツアーがスタート。さらに来年の2月1日にはデビュー10周年の節目を迎え、当日はその日限りのアニバーサリーライブを行う事を発表している。 節目の年に向け、新しい一歩を踏み出した彼女から今後も目が離せない。