AKB48メンバーにおなべ説浮上!おっぱい選抜の裏側も
有吉AKB共和国(TBS系)にて、AKB48メンバーのおなべ説が浮上し話題となっている。 茂木忍が最近、仕事でした男装を好んでするようになり、おなべ説が浮上。しかも、同じくAKB48の向井地美音に対しての愛情がスゴイと、高橋朱里からタレコミをされる。 しかし、その向井地美音も茂木のことが好きすぎて、茂木に他のメンバーが抱きついているところを見ると、嫉妬して小道具の銃を抱きついているメンバーに真顔で向けていたエピソードを話されてしまう。二人ともにおなべ説が浮上してしまい、高橋朱里は有吉弘行より引き続き二人を調査するように指令がくだされた。 また、下着の話など下ネタだらけだった有吉AKB共和国の収録にて、大森美優は「下着の話とか公共の場でベラベラ喋って!」と憤慨。過去に大家志津香が、じゃんけん大会で着た胸元全開セクシーポリスの衣装を写真で出し「ここまでして目立ちたいですか?」と辛辣な意見。また、AKB48の「おっぱい選抜」に対して物申し、「これは出し過ぎでしょう」とコメント。しかし、リーダーの小嶋陽菜は真剣に取り組み、自分たちで振り付けを2回も変え、発表した時は地響きがするくらい盛り上がったと話した。高橋みなみ総監督も「やり過ぎや」と怒っていたというが、おっぱい選抜の裏側を垣間見られた。 これに対し、おっぱい自慢の大家志津香はおっぱい選抜に入れず、頑張ったが「てめえはおっぱいと共に引っ込んでろ」と言われたと話し笑いを誘った。しかし、この衣装を見た雑誌編集からグラビアの仕事が来たという裏話を話し、大森も「そんな大家さんを応援したくなった」と、おっぱいに少しは理解を示した。 (C)AKS