AKB48 高橋朱里のメッセージにファンから感動の声
AKB48の高橋朱里が、メンバー内山奈月の卒業を受ける形で、ポエム調のコメントをネット上に発表。ファンの間で大きな反響が巻き起こっている。 これは11月2日、高橋がトークアプリ755上のアカウントに、ほかのメンバーと共に指で星型をつくった画像と共に投稿したもので、彼女は「なっきーが卒業発表しました。なっきーは真っ直ぐで一生懸命。正直だし優しくて沢山のメンバーから信頼されて愛される存在。マジすか4.5のチーム火鍋として、一緒に色んな事を乗り越えて濃い時間を過ごした仲間です。」と、卒業を発表した内山との思い出を語り始めると、「思い出があり過ぎて悲しい。思い出って沢山作るものだと思うけど、初めて思い出が辛いって思ってしまいました」と、その関係性ゆえに、彼女の卒業に際してこみ上げるものが大きすぎることを告白。 実は前日の夜に、内山もまた、Google+アカウント上で、ファンやメンバー、関係者らに対するメッセージと共に、スピーチ全文を書き起こしたものを投稿していたが、その内容を読んだかどうかは定かではないものの、この投稿の中で高橋はそうした内山と共に過ごした日々を振り返りつつ、「本当にありがとう。」という感謝の言葉と共に、「持ち前の明るさと強さと、自己プロデュース力、頭も凄く良くて、なっきーならきっと大丈夫。」と彼女に対するエールも。そのため、こうした彼女の投稿を読んだ二人のファンからは、感動したという声が相次いで巻き起こっている。 内山への想いや、共に過ごした時間を述懐しつつ、その投稿の最後を「過去の思い出も今も私の支え」という言葉でしめくくった高橋。卒業を経ても終わることのない二人の友情と、それぞれの活躍に、現在、多くのファンからの注目が集まっている。 写真(C)AKS