SuG 武瑠の監督映画作品が山形国際ムービーフェスティバルで賞を受賞
ロックバンドSuGのボーカルとしてだけでなく、映像監督に小説執筆、ファッションブランドのプロデュースまで、マルチな才能で活躍する武瑠監督の短編映画「WE CRY OUT HELLYEAH」が、第11回山形国際ムービーフェスティバルにて第1回アーティストシネマ賞を受賞することが発表された。 受賞作品「WE CRY OUT HELLYEAH」は、「夢を諦めた被害者“セツナ” 夢を追い続ける加害者“すみか”原宿を舞台に夢と現実の狭間で生きる二人の女子の物語」。中田クルミやプールイ(LUI FRONTiC 赤羽JAPAN/ex. BiS)のほか、武瑠自身も本人役として出演している。 第11回山形国際ムービーフェスティバルは、11月13日から11月15日まで三日間に渡って開催され、11月15日には「WE CRY OUT HELLYEAH」が招待作品として上映されるほか、上映後には武瑠の舞台挨拶も行われる。