小室哲哉 DJ KOOのバラエティ進出に「どういう心境の変化なの?」
「コカ・コーラ」ボトル誕生から100 周年を祝し、年間で展開してきた “サイコー”キャンペーンのフィナーレを飾る、「コカ・コーラ」ウィンターソングボトルキャンペーンが 11 月 2 日(月)からスタートした。 本キャンペーンでは、「コカ・コーラと歌で、誰かをハッピ ーにしよう」をテーマに、冬になると口ずさみたくなる定番のウィンターソングが聴ける「コカ・コーラ」 ウィンターソングボトルを、本日より全国で発売。 キャンペーン開始日の2日(月)、新宿ステーションスクエアにて、 「コカ・コーラ」ウィンターソングボ トルキャンペーンのオープニングイベントを開催した。 イベントでは、ウィンターソングボトルに 楽曲提供したアーティスト代表として、小室哲哉と DJ KOO が登場、ものまねタレントのみかんがAIに扮して登場して会場を大いに盛り上げた。 この日は、小室が作詞作曲した『DEPARTURES』(globe)と『寒い夜だから・・・』(TRF)などの冬 の名曲がウィンターソングボトルへ楽曲提供されたことを記念して、小室と DJ KOOが、 「コカ・コーラ」と同じ赤と黒の衣装でステージに登場。 なんと、今回が2人きりで参加する初のイベントということで、懐かしのウィンターソングを 2人で語 るとともに、雨の降る会場を大いに盛り上げた。 小室は「中学の時から「コカ・コーラ」はいつも側にありましたね。当時はビンでしたが。いろんな都市伝説も あって、懐かしいですね。「コカ・コーラ」とはとても縁が深く、過去にコカ・コーラ社主催のフレッシュ サウンズコンテストでグランプリを受賞しました。当時飲料メーカーさんが音楽のコンテストを主催 するということは画期的なことだったと思います。そして、自他ともに認める「コカ・コーラ」好きです。 正直、飲まない日はないですね。」と語ると、DJ KOOも 「小室さんが大絶賛されたので、小室さん以上のことは言えないのですが、ステージドリンクは常に 「コカ・コーラ」という感じですね。高校のラグビー部時代、そして音楽にのめり込み、所属がクラブ からクラブに替わりDJをやるようになっても「コカ・コーラ」はいつも身近にある存在でした。」と笑わせた。 するとサンタクロースの格好をした AI が「ハピネス」を歌いながら登場!!よく見ると、AI に扮したみかんがノリノリで登場。そして、口元にはスマホ!? 実はこれ、ウィンターソングの再生とともに、スマホに映し出されるサンタの口が歌詞にあわせて 動く「ハッピーサンタムービー」。 口の前にスマホをかざすと、あたかも自分が歌っているように見せることができるということで、みかんが口にスマホをかざすと、「君が笑えば この世界に もっと もっと~♪」と「ハピネス」が 流れた。 小室と DJ KOOは、「コカ・コーラのボトルでいろんな思い出が詰まった懐かしのウィンタ ーソングを聞いて、楽しい時間を過ごしてください!」とコメント。また、「懐かしのウィンターソング と口パクゲーム対決は、大切な人や友達との楽しい時間をもっと楽しくしてくれると思います。 『コカ・コーラ』の取り組みは、いつも本当に面白いですね。こういう取り組みをされながら、『コカ・コーラ』ボトルが 100 年続いているということが、本当に素晴らしいと思います。」と締めた。 ーご自身の楽曲がコカ・コーラ ウィンターソングに選ばれたお気持は? 小室哲哉 数ある名曲の中で、自分が作詞作曲した 2 曲を起用いただいているので、うれしいですね。 globe 20 周年ということもあり、いろいろ懐かしく思いますね。 ー選曲された、「DEPARTURES」(globe)と「寒い夜だから・・・」(TRF)の思い出は? 小室哲哉 「当時、大好きなコカ・コーラに自分の歌詞が書かれるとは考えられなかったですね。 ボトルの歌詞を見て、意外といい歌詞だな~って。」 「寒い夜だから・・・」(TRF)の歌詞をつけたときは? 本当に、寒い夜だったんです。港区で自転車に乗ってました。 「明日を待ちわびて~」ではなく、とても近い距離を自転車で移動していて、「とにかく寒くて」・・・。 「DEPARTURES」の時は、ロサンゼルスでした。その時も寒かったですが、「寒い夜だから・・・」 のほうが寒かった記憶がありますね。 ー20 年間を振り返って? 小室哲哉 それぞれのアーティストさんのことを考えてみても、いろいろな展開があるんだなと思いますね。 女優を目指した方もいれば、ステージで頑張っているかたもいれば、DJ KOO さんにどういう心境の変化があったのかわからないのですが、最近バラエティにたくさん出たりと・・・面白いです よね。 ー2 人で初めてイベントで出演したとのことですが、曲の収録時などの DJ KOO さんはどんな感じだったんですか? 小室哲哉 いつもこんな感じでしたね~。 DJ KOO やっぱり、小室さんの前ではいまでも緊張しますよ