DANCE EARTH PARTY 新曲『DREAMERS' PARADISE』MV公開
DANCE EARTH PARTY が11/25にリリースするニューシングル『DREAMERS’ PARADISE』のMV(ミュージックビデオ:以下MVと省略)が公開された。最高気温43℃、カリフォルニア郊外の砂漠のど真ん中にあるパラダイス!「サルベーションマウンテン」で撮影された壮大な世界観を表現したMVはファンならずとも大必見だ。 「EXILE」や「三代目J Soul Brothers」等のヒットを手掛けたT.Kuraによってプロデュースされた本作は、そのタイトル通り、夢見る者たちの新たな旅立ちが描かれた作品。メンバーのEXILE USAが、「今回の楽曲は、『夢見る者たちの楽園』がテーマで、新たな夢に向かって旅に出る人たちへの応援ソングです!ココロ踊っていればいつでもパラダイスに辿り着ける、そんなワクワクする楽曲になっています。」と語る通り、「躍れる」楽曲に仕上がっている。 本作は、日本のHIP HOPシーンのカリスマ的存在でもあったRHYMESTER のMummy-D氏と初のコラボ曲。Mummy-DのDANCE EARTH PARTYのメッセージを込めたリリックと今じわじわきているカントリーというジャンルを融合させた独特のナンバーとなっている。今作のコラボに至った経緯は、RHYMESTERをEXILE USAが大ファンで、その中でもMummy-DのRAPでDANCEをしたい彼の強い願いが長年あり、EXILE USA自らオファーし実現したとのこと。歌詞のコンセプトとアイディアはEXILE USAの大好きな「テキーラ」を飲みながら語りあいアットホームな雰囲気の中で行われた。 『夢見る者たちの楽園』がテーマである本作は、新たな夢に向かって旅に出る人たちへの応援ソングでもある。「旅立ち」や「新しい道、夢」はEXILE USA自身も年内でEXILEのパフォーマー活動を終了し、新たな道を進むという事でまさに楽曲そのものが現在のEXILE USAの境遇にピッタリな楽曲となっている。 気になるMVは、RHYMESTERの人間交差点等を手掛けたtatsuaki氏がプロデュース。EXILE USA自身が「辿り着きたかった楽園(パラダイス)」でまさに今の彼の境遇でもある「新しい旅立ち」「夢見る若者」というテーマをもとに創造されたカラフルな山として知られる「サルベーションマウンテン」で撮影された。メンバー3人がそれぞれ別々のルートで、旅をして、最後に同じ目的地「愛の丘(サルベーションマウンテン)」に辿り着くというドキュメンタリー映画のようなストーリーが描かれている。「EARTH」を感じさせるカリフォルニアの愛の丘での撮影は、DANE EARTH PARTYのコンセプトである「DANCE」と「EARTH」と「HAPPY」の独自のカラーを表現したピースフルな作品に仕上がっている。中でも、最高気温43℃の青空と広い大地の砂漠のど真ん中という大自然の中で、汗ばみながらいつもよりダイナミックに、思いっきり歌って踊るメンバーの人間味溢れるパフォーマンスは必見である。 前作シングル『BEAUTIFUL NAME』では、三代目 J Soul Brothersの今市隆二、海外の伝説的スカバンドThe Skatalitesとコラボし、オリコンデイリーランキング1位を獲得したDANCE EARTH PARTY。今後の活動としては、11/18にリリースされる、ディズニー映画から生まれた珠玉の名曲を集めた究極のベスト・アルバム『ドリーム~ディズニー・グレイテスト・ソングス~』邦楽盤の、映画「魔法にかけられて」の『想いを伝えて』にも参加しているので、そちらも是非チェックしてみてほしい。 多様なアーティストとのコラボを通して、『DANCE』で『EARTH』を『HAPPY』にするという世界観を伝えてきたDANCE EARTH PARTY。幸せを感じさせる人間味溢れるグループのカラーと思わず踊り出したくなるようなナンバーは彼らの最大の魅力である。本作は、爽快で明るく昼のパーティでも夜のクラブシーンでもマッチするようなキャッチーな楽曲なので、仲間だけでなく家族や子供達と、歌って踊って、是非存分に楽しんでもらいたい。