hitomi 結婚裏話!はるな愛とのアラフォー女子トークが盛り上がりすぎ
10月21日に配信限定ミニアルバムをリリースしたhitomiが、そのリリースを記念してアメスタにて特別番組を放送した。番組を進行させる相手役として、以前から親しい仲であるというはるな愛も出演。 互いの近況報告を発表しあうコーナーと、互いの「思い出ソング」のプレイリストを公開するコーナーで構成された今回の特別番組だったが、止まることなく繰り広げられたアラフォー同士の女子トークは、本来30分であった番組放送予定時間を11分もオーバーしてしまう結果となった。 近況報告としてhitomiが家族写真を公開すると話題は旦那の話に。 というのも、結婚前にhitomiから恋愛相談を受けていたというはるな愛。はるな愛が経営する飲食店に、芸人でありながら占い師としても有名なゲッターズ飯田が来店した際、hitomiを合流させ占ってもらう機会を作ったそうだ。その時にhitomiは、現在の旦那との相性が良いと言われ結婚を意識。アーティストとして、二児の母としても充実したライフスタイルを送るhitomiだが、その幸せの背景には、はるな愛の後押しがあったようだ。 「思い出ソング」コーナーでは、各々が作ったプレイリストに2人ともが松田聖子の曲をセレクトしていたことなどもあり、1980年代当時の話で大いに盛り上がりをみせた。 そして盛り上がりすぎたアラフォー同士の女子トークは、本来30分を予定していた番組放送時間をオーバーする結果になってしまった。 「今度は少しお酒でも飲みながら大人の女子トークを放送したい」とはるな愛からの提案があると、それに対しhitomiも「今、授乳期間中なので、それが終わったらやりましょう。」と答え、第2回の開催を匂わせた。 今回放送された番組は、11月10日(火)まで、アメスタのアプリから振り返り視聴が出来るという。 配信限定ミニアルバム『Journey』のリリース記念として放送された今回の番組だが、その『Journey』について、『LOVE2000』が新幹線なら『Journey』は各駅電車というイメージ、今はいろいろな景色をゆっくり見たり、途中下車できるような、心の余裕があると語ったhitomi。 歌手として20年、様々なことを経験したからこそ作ることができた音楽になっているという。