アイドルグループPOPのメンバーが「復帰か脱退か」を賭け100kmマラソン
元BiSのカミヤサキといずこねこ茉里ことミズタマリによるユニット「プラニメ」からミズタマリが脱退。オーディションを開催、4人の新メンバーを迎え、「POP」と改名してスタートしたアイドルグループPOP(現在カミヤサキは無期限活動休止中)。 そのPOPの改名後、初となるシングルのタイトルが『Happy Lucky Kirakira Lucky』に決定。 現在4人体制で活動中だが、活動休止中のメンバー「カミヤサキ」が12月5日(土)下北沢SHELTERにて開催されるワンマンライブでの活動復帰をかけて100kmマラソンを行うことが発表された。 今回カミヤサキが走るコースは、2012年にBiSの元メンバー「プー・ルイ」と「ワキサカユリカ」の2人が富士急ハイランドから100km地点にある新宿のライブハウスを目指して走るが、プー・ルイは途中でリタイア、ワキサカユリカは体力の限界と時間切れと2人ともゴールすることができないような高低差の激しい山続きのコースとなる。カミヤサキは元BiSのメンバーとしても今回リベンジすることとなる。 今回の100kmマラソンの内容は、ワンマンライブ開演時間の24時間前である12月4日(金)11時30分に富士急ハイランドからスタートし、ワンマンライブの会場である下北沢SHELTERをゴールとして目指す。 24時間以内に無事ゴールに辿り着けた場合はそのままワンマンライブに出演、活動再開となりタイムオーバーもしくは途中リタイアした場合はワンマンライブは予定通り開始、カミヤサキはグループから脱退となる。 カミヤサキ自身は2013年に100kmマラソンを成功させており、2年ぶり2度目の挑戦となる。だが今回は「復帰か脱退」のプレッシャーを背負いながら前回より体力的にも厳しいコースに挑むことになる。 また今回のマラソンもスタート前から24時間生配信されることが決まっている。