EXILE SHOKICHI イグニションイベント登場!運び屋は「HIROさんに怒られてしまうかも」
映画「トランスポーターイグニション」の公開イベントが開催された。 ワケありの依頼品を運び届けるプロの運び屋=トランスポーター、フランク・マーティン。 ブラックスーツに身を包み、愛車のアウディを自在に操る天才的なドライビングテクニックといかなる敵をも華麗になぎ倒す類稀なる格闘センスを兼ね備え、新たなヒーローとなったフランクは、2003年の第1作目公開より2009年の第3作まで、観る者を虜にし続けた。 そして、6年の滑走期間を経て、その天才運び屋が、始動する。 3,000万人の日本人が熱狂した最速最強が挑む、今回の依頼品は、ブロンド輝く3人の美女。そして、報酬は父の命。自らのルール、愛、父親の命の間で揺れる、天才運び屋が絶体絶命の危機に直面する。 観るものすべてのハートに火をつける、最速最強のカーチェイス、ボディアクションがフルスロットルで加速する本作の公開を記念し、本作の日本版主題歌『IGINITION』を歌うEXILE SHOKICHIさんと、ラグビーW杯で日本国民のハートに火をつけた、ラグビー日本代表FB(フルバック)、ヤマハ発動機ジュビロの五郎丸歩選手が本作のイベントに登場。 映画のタイトルである「イグニション=火をつける」の意味の通り、熱気溢れる<イグニションイベント>を実施致しました。 MCの紹介により、まず五郎丸歩選手がスタイリッシュンなスーツ姿で登場。大きな拍手に包まれ、「映画のイベントに登場するのは初めて。試合より緊張しています」と挨拶。精神統一はされましたか?とMCの言葉に「いえ、していません(笑い)」と。コメント。.映画について「トランスポーターシリーズは好きで全部観ています。今回もカーアクションを始め全てのアクションが素晴らしかったです」と絶賛。「大きな目標に向かって進む点は主人公と共通していますね」という五郎丸歩選手は、映画に出てくるアクションで取り入れたいものはありますか?と聞かれ、「取り入れたら退場なっちゃいますね」と場内に笑いを誘った。 続いて本作の日本版主題歌『IGINITION』を歌うEXILE SHOKICHIさんが大きな歓声の響く中、登場。五郎丸歩選手の活躍について「EXILEの中にグループLINEがあるのですけど、みんなでLINEしながら観ていましたが、興奮しながらも、最後は感動しました」と称賛。楽曲については「今回、大作の主題歌の話を頂き、大変うれしかったです。とにかく盛り上げられたらという一心で作らせて頂きました。映画を観たあとスタジオに入り、自分が受けた熱を注入しました」と話し、曲を聴いた五郎丸歩選手は「本当にカッコよい曲で、聞きながら運転したら、スピード上がっちゃうんじゃないかと思う程、素晴らしい曲」と絶賛。 映画の主人公の仕事は「運び屋」ですが、やってみたいですか?というMCの質問に、SHOKICHIさんは「リスクが高いですね。HIROさんに怒られてしまうかも(笑い)」五郎丸歩選手も「私もまず、会社に相談しないと」と話し、場内は爆笑に包まれました。その後、2人から場内の満員のお客さんに火をつけるべく、イグニションバズーカを発射!お客さんの掛け声に合わせて発射されたバズーカから、きらびやかなテープが発射され、場内はまさに真っ赤にイグニションされました。最後に「アクション満載で、まさに皆さんのハートに火を付けるハラハラ・ドキドキが止まらない作品に仕上がっています。是非応援お願いします」というSHOKICHIさんにコメントに続き、五郎丸歩選手から、「前作以上にアクションが激しくなっていますので、是非映画をご覧になってイグニションされて下さい!」と映画の見所について熱く語り、映画に火をつけられた2人から、更に熱い火をイグニションされたイベントになりました。