AKB48ヒロインたちを襲う戦慄ホラードラマが文庫化
現在、AKB48グループメンバー40名が主演する新感覚ホラードラマ「アドレナリンの夜」が、テレビ朝日にて毎週水曜日深夜1時41 分〜放送中だが、その原作の文庫本が竹書房文庫より、10月29日(木)から書店にて販売される。 「アドレナリンの夜」とは、秋元康が綴る戦慄のホラー作品。 願いを叶えるオルゴール、子供の時にかくれんぼで死んだ同級生、真夜中にFAX から流れてくる“ 死亡通知”、深夜のドライブで轢いた“ 何か”、深夜の警備室のモニターに映る影、隣の部屋から聞こえてくる夫婦喧嘩、親友が楽しそうに話をしている電話の相手、毎夜見る穴を掘る夢、撮影現場のホテルで女優の見たものとは…など、ヒロインを襲う24 の恐怖譚だ。   ■高橋みなみコメント 「アドレナリンの夜」が文庫本として出版されると聞きました。私自身、テレビ朝日さんのドラマシリーズで撮影をしましたが、原作が文庫本という形で出版されるのは興味津々です。 ホラーを文庫本サイズで読むって、何だか怖さが増幅されるような気がします。 怖いけど先を読まずにはいられない、といった感じでしょうか? 自分だったら、明るい部屋の隅っこで、文字通り「怖いモノ見たさ」で読んでいそうな気がします。 (C)AKS