乃木坂46 秋元真夏が可愛すぎる料理姿を披露
乃木坂46のなかでも料理上手で名高い秋元真夏。光文社より発売中の【FLASHスペシャル グラビアBEST秋号】では、メンバーから好評なスイーツのなかから、今回は「ベイクドチーズケーキ」の作り方をレクチャーしている。 -料理を始めたきっかけは? 秋元真夏 小さいときからお料理のお手伝いはしていたんですけど、小学生のときに、食べたいおやつを自分で作るようになったのがきっかけです。おやつはお母さんの手作り、という友達が多かったのですが、私のお母さんはあまり得意じゃなくて…。小4のときには家庭科部に入って、いろいろ作っていました。 -初めてひとりで作ったのは? 秋元真夏 小1のころに、お父さんがブラウニーが大好きだということを聞いたので、誕生日にブラウニーを作りました。 -お父さん、喜んだでしょう? 秋元真夏 喜びました。お父さんは「店出せるよ!」といつも私を乗せてくれます。 -メンバーに作ることは? 秋元真夏 バレンタインには毎年、メンバーにチョコやクッキーなどを作って配っています。あとは、さゆりん(松村沙友理)にホールのタルトを作ったり、いおり(相楽伊織)にチョコレートケーキを作ったこともあります。 -メンバーの反応はどうでしたか? 秋元真夏 ふだんはすごくいじられてますけど(笑)、お菓子に関しては一切いじらずに、みんなすごく喜んでくれます。生駒ちゃんは私の作るトリュフチョコが大好きらしくて、しょっちゅう作ってと言ってきます。あと、若月(佑美)には2年くらいタルトをねだられているんですけど、持っていくタイミングがなくて、早く作れって怒られてます。 -これから作ってみたいもの、挑戦したいものはありますか? 秋元真夏 マカロンがなかなかうまく作れないので、成功させたいんです。大きなサイズを作って、どら焼きのように食べてみたくて。あとは、乃木坂46に入っていなかったらパティシエになるという夢もあったので、調理師免許が取れたらいいな。 その他の写真、インタビューの続きは光文社より発売中のFLASHスペシャル グラビアBEST秋号