BIGBANGの系譜をつぐ注目の大型新人「iKON(アイコン)」が日本デビュー決定
韓国YG ENTERTAINMENTが放つ、BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKON(アイコン)。 韓国本国においては、正式デビュー前の9月15日(火)にWARM-UP SINGLEとしてリリースされた『MY TYPE』が各配信チャートおよび音楽番組1位を獲得。ファンの熱烈な支持を受け、出演もせずに音楽番組SBS「人気歌謡」・MBC「音楽中心」で『MY TYPE』が1位となり、注目度の高さを伺わせた。 そして正式デビュー作品となる10月1日(木)リリースのDEBUT HALF ALBUM『WELCOME BACK』は、リリースと同時に韓国各配信サイトで1位を獲得。さらには日本を含む香港、インドネシア、ラオス、マカオ、マレーシア、パナマ、ペルー、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムといった12ヶ国のアルバムランキング1位を記録し、新人として異例の好成績をおさめた。 そんな日を追うごとに加熱するiKONフィーバーの中、本日10月24日(土)Zepp大阪で行われたファンミーティングの中でメンバーより2016年1月13日(水)の日本デビューに先がけて、iKONとして初となる日本語楽曲が10月28日に先行配信される事が発表された。 ファンミーティングの中でリーダーB.Iからジナンに「iKONのビックリするニュースがあるんですよね?」と問いかけると、「来年1月13日にiKONの日本デビューが決まりました!そして2月には日本で単独コンサートをやります!」と話し終わった後、さらに「もう1つは来週28日(水)にiKONの日本デジタルシングルが配信されますのでぜひ聴いてみてください!」と発表。会場に来ていた1,800人のファンは突然の日本語楽曲のリリース発表に歓喜し大歓声で応えた。 10月28日(水)に『WELCOME BACK -EP-』として各配信サイトよりリリース。 収録曲は現在開催中のファンミーティングでも日本語で披露されている『MY TYPE』『AIRPLANE』と、まだ日本語では披露されていない『RHYTHM TA』の3曲を収録。更に同曲のインスト音源を加えた3曲6ver.が収録される。 これから詳細が発表される2016年1月13日(水)発売予定の日本デビューアルバム、2月の全国アリーナツー等、日本での活動も多くなっていくiKONの勢いに火をつけるきっかけになるであろう、今回初となる日本語楽曲の先行配信にぜひ注目してもらいたい。