きゃりーぱみゅぱみゅ新作仮装「ベティちゃん」にどよめき
10月24日(土)、本格的なハロウィンシーズン到来とあって、全国各地で多くのハロウィンイベントが開催されている中、今年初開催となる大注目イベント、渋谷最大級のハロウィンサーキットイベント「ハロシブ ’15」がTSUTAYA O-EASTを中心とした5会場で開催された。 自身初のハロウィンソング『Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~』が、「コカ・コーラ」日本初のハロウィンTVCMソングに起用されたりと、すっかり日本のハロウィンの「顔」となったきゃりーぱみゅぱみゅが同イベントに出演、ひと足早いハロウィンライブを繰り広げた。 またこの日の午前中に、ライブに先駆けて行われた「コカ・コーラ」ハロウィンキャンペーンpresents「ハロシブ ’15 オープニングイベント」に出演し、今年の新作ハロウィン仮装をお披露目したきゃりー。昨年は、ティム・バートンの「コープス・ブライド」のエミリーに扮して、あまりのクオリティの高さで話題をさらったきゃりーだけに、今年はどんな仮装を披露するのか注目を集め、数多くの報道陣が殺到した。 そしていよいよイベントが始まりステージのカーテンがオープンすると、バスタブに入った「ベティ ブープ」、通称「ベティちゃん」に完全になりきったきゃりーの姿が!まさかの入浴シーンでの登場に、会場ではどよめきが起こる。ベティちゃんの特徴的なヘアスタイル、つけまつげや下がった眉毛が見事に表現され、バルーンアートによって再現された本物と見まごうばかりのバスタブの中の泡や、きゃりーの体を覆う透明とパステルカラーの泡ドレス、そして何よりも研究し尽くされた本人の表情と、昨年同様にあまりのクオリティの高さにカメラのフラッシュが止まらないほどだった。 そして、アメリカ生まれのキャラクターで、偶然にも「コカ・コーラ」とのコラボグッズが多数出されているベティちゃんだけに、「コカ・コーラ」をトレイで運んでいる定番の赤いウェイトレス姿も披露され、さらにベティちゃん度が高い仮装に歓声が上がった。 そして気合の入った仮装を披露した同日夜には、赤と黒のライブ衣装に着替え、同会場のTSUTAYA O-EASTにてハロウィンライブを行った。この日は夕方にも別のハロウィンイベントでライブを行ったため、連続でのライブ出演となり多忙を極めたが、ハロウィンらしいすこし不気味なSEを取り入れ、大きなカボチャの電飾の前でハロウィンソングである「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」を含む6曲を披露。ハロウィンらしい演出で、キッズダンサーと共に会場に駆け付けた約1,000人のファンを大いに盛り上げた。